メディアの国際性っつうのはすげえなあ。

最近ローカルの雑誌/新聞二つからインタビューを受けた。
最近日本関係の映画祭を構成したのでそれ関連への質問。
ローカル雑誌/新聞は日系のものではなく、
映画祭のこと、日本のことを特に聞きたいのだろうけど
面白い事にインタビューアーが日系でない(いわゆる白人)
人は”西洋に入ってくる最近の日本文化”ということに
興味があるようで社会現象としての日本映画のようなことを聞いて来た。

もう一つはもっと大きな新聞だったんだけど
日系のインタビューアーで以前学業関連の話をインタビューされたことのある人で単にそれぞれの映画の内容を聞かれた。

先のメディアの人は結構文化的なことを突っ込むので
それに私が自分の視点を入れどんどん答えるだけど、私も話していて相手はそう感じるのかー、きっとかなりの西洋人はこうやって見てるんだろうなあ、って誤解されないよう説明してもどれほど理解されているのかはわからない。だってもともと相手は”最近の日本文化”というのが凄く変化していて以前とかなり違うと思っていて、正直ある限定されたところだけしか見られてないんだと思う。
一部だけみてて他の一部が見れるようになれば変わったように見えるかもしれないけど実際はいつも違う面は以前からあって。。。と
説明してみたのだが結局

”日本は昔から変わっている部分があった!”
と取られただけのようだった。

というのも最近は大衆文化の影響でアメリカのセレブ、歌手、俳優に日本と言ってとりざだされるのは服で言えば山本ヨージ、コムデギャルソンなどのアバンギャルド系。映画で言えばタランティーノがカバーした日本の文化。スタバ以外でも北米のカフェのどこにでも今はある”抹茶ラテ”。そして”禅”仏教。グウェンステファニの”原宿”ビデオ。という感じで日本は変わってる〜という印象が強調されている。

前から日本には色々なものがあるんだ、と、それはアメリカにも色々あるし、イギリスにも色々あるし、という意味で言ってるんだけど結局”やっぱり日本は前から変わってたのね”となりやすいようで”他の国と同様、変わってるところもあればそうでもないところがあるのね”とはならず、潜在観念はなかなかかわらないようだ。

もう一つの日系のインタビューアーはそれをもう十分理解していて、
”なんでもかんでも日本は変わってる、自分たちと違う、って取られちゃうんだよね〜”と共感。どれだけ言ってももとの観念はかえられなく、そのインタビューアー自身も4世なんだけど初めて日本に行ったときは
”ああ、なんだ、日本はこんなに色んな面があるんだ”って思った、と言っていた。

物事を話して色々考えたのは始めの日系ではない人とのインタビューだったけど2つめの、映画の内容を聞くだけ、というベーシックな質問をして日本文化の話を内容に入れなかったのは日系のインタビューアー自身の日本への理解、ステレオタイプをわざわざ作ろうとしないという概念もあっのかなあ、とも思った。

あと、新鮮だったのは”映画”という国際的に誰にでもアクセスのあるものへの話だと人種や年代の背景を超えて初めて会った人でも何でも質問しやすいところがある。これは以前NPO/NGO関連や学業についてインタビューされたときと違うものだった。映画のことだと知らない相手と話していてもある程度共通のトピックなどを持って来やすい。学業やNPO/NGOだと相手が経験者でないならかなり話の内容が一方方向に陥り、同様の“楽しい雰囲気”がなかなか出にくい気がするんだなあ。

結局相手が文化の流れを同じように見ても見なくても、色々と考えて話ができることに私は意味を感じるし結局それがコミュニケーションをするという意味だと思う。全く違う視点がそれぞれの国、文化で受け入れられて全然結構じゃないか。だけど学業は結局誤解されたりするのは大問題であって”誤解されても話ができるだけでいい”って訳には表面上いいかもしれないけれども理論上には絶対に成功しない。この違いは大きいんだなあ〜と思う出来事だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリズリー熊と住みたくなった

世間では最も獰猛な熊とも言われるグリズリーグマが
生物学的に獰猛なわけではない、というのを
証明しようとした男性のドキュメンタリーを観た。

Edge_of_eden

この The Edge of Eden: Living with Grizzlies
という映画は グリズリーはもともとは獰猛ではなく、
相手に脅かされ、自分や家族を守らなければ
いけないときにはそうならざるを得ない時があるだけで、
それは人間だって同じ。始めから獰猛として
殺すのは人間の身勝手はことだ、というのを教えてくれる。

この映画では初老にみえる男性が小さい時から家族とキャンプで
みたグリズリーが遠くからそおっとみてると
熊の親子でかなりまったりとしていて全く怖くなかった。
そうやって近づいて行ったら怖いどころか
信頼関係が普通のペットのように築く事ができた。
その時に8ミリ映像で撮ったものもこの映画では観ることができる。

このほとんどの映像は男性がロシアの北の方で一人で

熊の子供を育ているものだ。

そこでは人間同士でもあるような誤解が生じ、それをゆっくり解いて行く様子もみられる。ある時は山の斜面にグリズリー2匹が遊んでいて、
その斜面の上からボロボロ小さい石が落ちて来てるんだけど
かなり高い上から落ちて来るから当たったらかなりの怪我になる。
男性はグリズリーに”あぶないよ、上をみなさい”なんて何度も
言ってみるがもちろん熊たちは無視で遊んでいる。
そしたらやっぱり一つの大きめの石が一匹に当たり、その熊は
驚いて、怖がって横に走って逃げてしまった。
それも男性の方を横目に。

それで男性は映像を撮っているカメラマンに
”もしかして、私がこの石を投げた、と思ってるみたいじゃないか?
特にさっき危ない、って声を掛けたすぐ後に当たったから
逆に投げるぞー、と
言ったように感じてるのかもしれない。ああ・・・”

とかなり心配している男性。

熊に近寄っても声を出して近寄るな、状態。
熊が横になっているところに”ごめんな、大丈夫か。。”
と段々と触っていき誤解をとろうとしていく男性。

誤解が解けたかどうかはわからないけども
お互いの気持ちが伝わっている感じはうけられる。

人間や同じ熊(共食いもある)や他の動物が
自分をおびえさせる状況を作った時には
守るために威嚇するが、それは相手の態度や状況が
あってのことでもとから獰猛な訳ではまったくない、と
いう男性。ロシアのハンターが毛皮のために殺した親熊
が残した数十匹の小熊を自立できるようにこの男性が一人で
育てている。その経験が映像でものこり、
その結果も見受けられる。

この映画を観て感じる事は言葉では言い表すのは難しいが
人間が動物を勝手に獰猛と決めつけるのだけは
間違いと確認できて
こういう男性の存在が重要だ、ということがよくわかる。

日本でもムツゴロウさんとかいるけど私はあまり彼の映像を
みたことがなかった。彼もかなりのメッセージを社会に伝えて
彼のファームにも人がほとんどボランティア状態で働いているようだから
彼のような人がこれからも現れることが重要なんだろうな。

やっぱりテレビにしろどっかが寄付とかしないとやっていけないんだろう。しかしかなり重要なことだと思う。どっかの議員さんもこういうことを意見にだしたらどうか。以前北海道の熊を神として扱っていた場所に行ったら大きな熊がたくさんいたがどれもギリギリの檻に入れられ、熊はストレスで行ったり来たりと誰が観てもかわいそうな状況だった。

神様と祭っていたあの頃をわすれちゃいかんだろーとも。これはかなりのやることあると思うなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画監督の今村昌平さん死去

リンク: 映画監督の今村昌平さん死去 | Excite エキサイト : ニュース.

いわゆる海外で名の知れた日本の”名監督”がならんで亡くなっていっている気がする。
というかまあみなさんそれなりにお歳で、海外で名の知れた映画は
時代劇や戦後の日本を語ったものが多かった。
そんな中でも今村監督は現役で数年前にも作品”うなぎ”でカンヌでの賞を取ったりしていた
現役監督だった。彼の暴力的で性的な中に溢れる情の入った描写は常に印象的で
他の現代の映画と比べても際立っていたものだ。

また海外で今村特集がされそうだ。これを機会にまた今村映画を
考えて行きたいと思う。

今平犯科帳―今村昌平とは何者 Book 今平犯科帳―今村昌平とは何者

著者:村松 友視
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今村昌平 DVD Collection にあんちゃん DVD 今村昌平 DVD Collection にあんちゃん

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐ろしい映画業界

みなさん、お仕事のパーティーというのに行ったことありますでしょうか。
それもコネ作りが目的の。
これらは仕事をしてたり、何らかのグループに関わっていれば
集まりに行って宣伝したり、知り合い増やしたりの大事な行事なのでしょう。
大学にももちろんありますよ。例えば自分は違う大学に移りたい、
違うポジションを得たい、偉い役職が欲しい、賞が欲しい、
まあとにかくなんでも上の人や特になる人とうまくやっていくことに
悪い事はないですが他人にゴマすりをしたり、思ってないことを言うのは
やりたくないですよね。筆者はそういうのだいっきらいですよ。もちろん。
やらなきゃいけない、っていうのは時々ありますが
人の顔からいやらしいさや欲望が見えると吐き気がします。

さて、しかしもっとスゴイ吐き気や頭痛や人間不信になるのが
映画業界の集まり。これは大学関係者のモノとは比べ物になりません。
映画業界は役者、監督などを含め、かなりの実力を持っていても
運とコネがなければ認められないんです。
映画業界の"成功”の基準というのがまた上を見ればきりがないほど上があって、
その差も恐ろしいほどある。

例えばある監督は映画館で一本の映画を上映できるものを作り
色々な国で呼ばれ、それぞれの映画祭で特別扱いされ、
さらに新しい作品を作りやすくなり、紹介され、また出品し、映画祭へと忙しく周る。
これは成功とも見れるだろう。ただこの監督は個人営業。
映画監督と言えど映画祭で呼ばれても払ってもらえるのは旅行費、
ホテル費くらいでその間の基本的な食費や交通費などの費用は自分もち。
いや、どこか大きな会社に所属していれば会社が全て持てたり、さらに
関係者を連れていって、大宣伝もできる。
だけど個人では映画祭に呼ばれる度に、費用が重なってしょうがない。
そして色々な国に呼ばれて、その国々が比較的近くても、
映画祭の日にちが近くなければまた家に戻り、数日してすぐに経つ、というのは
日常茶飯事。映画祭の人間も同時期にわざと重ならないようにしないと
映画も上映できなかったりと色々と都合がある。

個人での監督であれば色々な国も行きたいし、宣伝もしたいし、
他に呼ばれている監督と会って話したりコネも広げたいが
旅行疲れで時差もあってやりたい仕事も遅れたり、体がついていかなかったりする。
かなり酷なのだ。
しかし個人だからそういうところに行かないとコネが作れない。
それにその間にお金が入るほかの仕事もやっていたほうが望ましい。
作品もたくさん作らないといけないし、その間にお金も必要だ。
"成功”と一言言うと、作品が国々で認められてきているといういみでは
成功かもしれないが、この監督には金銭的な安定からして
ちゃんと成功を掴んでいるとは思えないのだ。

だから逆に誘われた映画祭の中でどれに参加して、誰が来るか、というのを
事前にチェックするのはとても重要でそれをみて優先順位をつける。
たまたま行く事にした映画祭でスゴイコネが出来たら万々歳だ。

という上の例でわかってくれると思うが、こんな時のコネ作りへの
熱意、興奮、テンション、勢い、というのがハンパじゃない。
お金と時間と将来と地位と名声と何もかもが”この一瞬”で決まるかも!!
しれないのだ。ちょっと大げさ、と思われるかもしれないが
上の状態の人間のことを考えてほしい。日々、”なんで外国でも
認められている映画監督がこんなバイトしないといけないんだよ”
と落ち込んだりしていたりする。それが超有名監督が来れば
現在関わってる作品を宣伝して、見せて、連絡して、
感想を聞いて・・・というステップの繰り返しでそんな状態が覆(くつがえ)せる
かのしれないのだ。

というか、映画業界の人間は、こういう手順でしか成功を手にいれられないのだ。

だから集まりでの命の賭けたコネづくりというのはもう凄まじい。
ある友人はいつもは楽しく思いやりを持って話しているのに
映画関係の集まりではガラッと性格を裏を返したように変える。
友人と話したりすれば自然とどーも、とみんなと話していくが、
彼らにとってはヒトと知り合うと言う事が財産。他人に関係者を
紹介すればするほど自分が得られる可能性が低くなる、と見る。

映画業界を考えればしょうがないのかもしれない、とも思える。
本当にみなが必死。生き残れない人間がほとんどなのだ。

しかし筆者はアクティビストと自負している。こんな人間関係に
人権なんてあるわきゃあない。実力がないものでも、
"重要”な人物と知り合い、仲が良ければ持ち上げられ、鼻高々。
実力が凄くあり、人間性も魅力的がある人物でも
”ナニモナイ”人間だったら存在さえ気づかない。

でも”ナニモナカッタ”人間がもしなんらかの形で次の日に
きっかけや運を掴むとドワーっと人が寄ってくる。

まあ芸能の世界ではよくあることかもしれない。
初めに言ったようにどこの世界でのある程度あることだ。
ただ、映画業界というのの特殊性というのもあると思う。
映画、映像、という芸術作品であって、良い、悪い、の基準もなかなか掴めない。
でも映画業界が北米のエンターテイメント事業をかなりの率で握っているのも事実。
たくさん企業も関連しているし政府も補助する。
それを踏まえてこの業界、恐ろしいことがた〜くさん関わっているんである。

これについてはちょくちょく書いて行きたいと思う。
結構ネタは暖めていて、業界の汚い部分を暴露していきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

色んな映画購入

そんな一生懸命生かされている中ー(前記事にこれを繋げようとしていた^^;)、
色んなdvd買って見ました。

Outは日本のドラマも良かったので映画も観ることに。
修羅雪姫はタランティーノなどの日本サブカル映画研究のためにも。
塚本晋也作品二つ。
これは近代日本映画を語りたいならあったほうがいいやつで。
新しい浅野忠信出演のVidal、とっても楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石井輝男監督:エログロセンスが光った元祖?サブカル師匠

なんとなんと、この日が来てしまった。。。
網走番外地、などヤクザなマッチョな男性像も描き、徳川女系図、などの過激な女性の性像もシリーズ化し、60、70年代の反政府観念もたっぷり入れ込み、そういった活動をしていた舞踏家などの表現者もふんだんに参加させていた映画(以下の写真)を作った
石井輝男監督が亡くなってしまったのだ。
実は筆者が関わっている映画祭に彼を呼ぼうと試みたのが2、3年ほど前。
その頃は石井監督は飛行機嫌いで病弱ながらもイタリアの映画祭に呼ばれたり、
東京の自宅でイタリア人の映画監督志望のニイチャンを居候させたり。
筆者が石井監督側に連絡をしたこともあった。
出品して欲しかったのは筆者が大好き?なこの作品。


『恐怖奇形人間』(69)。

でもこれはビデオになっていないため、海外で上映するには
どでかいテープになったり、そのため見本が見せられなかったり、と
かなり手こずり、話が進まなかったのだ。
あ〜あ・・・と結構落ち込みながらも、イタリアの映画祭関係者に
アドバイスをもらったりしながらも話を進められる策を練っていたのだが。
病状も悪いって知っていたけど・・・
10月21日にボックスセットが発売される予定だし、
監督の追悼映画祭も10月に行われるらしい。
この頃に帰郷したいなあ・・・
それで亡くなっても彼の作品を海外で見せられるよう頑張る事にする。

umepochiskyさんのブログではSMの縄師、明智伝鬼先生の悲報を知ったけどそれもショックだった。
日本の縄師の代表だった人物が亡くなっていき、
エログロ映画、またはカルト映画の大御所の石井輝男監督も亡くなる
となると時代を考えざるを得ない。

最近あったクイア映画祭で水フェチ, 電化製品フェチ
(水や電化製品を性の対象にしている人達)についての
ポルノ映画を監督している人と会ったのだが
サブカル視点での性表現者たちを応援したい筆者としては
これからはこういった人達の視点ももっと大事に見て育て、
将来に繋げるべきだと思う。
石井輝男監督にお疲れ様、有り難う、と言いたい。

**ちなみにあるサイト(アメリカです)でメンバーになってお金を払えばフェチポルノ作品が見られるそうで。そこのメンバーの出身地というのは、
1位 アメリカ
2位 ドイツ
3位 日本
となっているそう。既に日本にフェチ通がいる、というのは
ちゃんと国境を越えても理解されているようですよー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いっぱい。

すんごい量のdvd購入。いつもの安いところで。ところでいつも違いはなんだろう、と思っていたmovie/film, これは良くアメリカものがmovieでフランスもの(芸術っぽいもの)がfilmって言われてるそうな。movieっていうのは動く画像、って感じのそのままの意味で映画が初めて生産された頃にアメリカのものはあまり内容がナイヨ〜っていうことで動く画像/movieと使われている印象がありそうだ。フランスは産業文化発展の頃、アメリカの車などのがぞろぞろ入ってきた50年ごろかな。その頃にアメリカっぽい映画も作られ始めたらしい。今とっている植民地以降のフランス、っていう授業で習った。その頃有名になったなんちゃら監督の映画をみたらアメリっぽい。そしたらアメリの監督はこの監督に影響された、ということ。いや、そのまんまじゃん、っていう感じで。

とにかくやっと手に入れたアンデン&ティティで大森南朋さんがやっとみれるぜい、と思ったけどなんかおいしいものは後にとっておく癖の子供のようにわざとみないでいたりする。その代わりに王様のレストランっていう三谷幸喜のドラマを見てしまった。ちょうど最近評判を読んだので手に入れた。うん、松本幸四郎いいなあ。筒井道隆って最近どうしてるのかなあ。山口智子、いいなあ。三谷幸喜ってこういう女性が好きなんだろうなあ。小林聡美ってこんな感じじゃん、まさにい。やっぱり猫が好き、ってほんとの女性3人姉妹の物語っぽいしい(うちの3人姉妹も色気全くなしのあんな感じだ)。

とにかく、大森さんが今どえらい人気がでてるようでびつくり。殺し屋1にでたばかりの頃、google検索でどんなに名前を変えていれてもなっかなか彼の名前のでてるサイトがでなかったのよー。今はインタビューやらブログやら彼だけの映画際までやってるってでたわ(天然のカオスってやつ。これ今週末からじゃんよ〜。私いけないのにい〜。痴漢日記とかいうの、相手が栗林知美さんじゃんよー。彼女私大好き!)
でも大森さん、演技力凄いのでこれはなるべくしての結果だけども。でも私が個人的にかなり仲良くしてる友達のある監督に彼を私がベタボメしてまずヴァイブレーターを貸したらえらく気に入って今度使いたい、といいだした。彼が評価されるのはうれしいがこの監督、少々性格子供っぽい。。。、なのでちょっと複雑な気分。彼に嫌な思いをされ、この友人の作る関係ものを全て疑問視されても嫌だし。まあしょうがない。色んなところでものごとはなるようにしかならないのだわ。

アリスとなんとか、っていう最近の鈴木杏がでてるのも買ってみた。大森さんもちょっとでているらしい。害虫にもでてるらしいけどそれは買わなかったわ。

ウオンカーウェイの2046の手に入れた。しかしまだみてない。彼のはちょっとアーチーなので気持ちがゆっくりのしっとりの時にみたいかな、という感じ。キムタクをいれて日本から多額の支援金を得た、という噂もあるこの映画、ツァンイーも出てるんだよねえ。もう編集終わったのかいな。カンヌの後もまだ編集したい、って言ってなかったけ?きっと前回賞を取ってしまったからプレッシャーもあってなかなかまとまらなかったんでしょうねえ。

あ、ゼブラーマンも買って見た!しかしちょっと脚本、ずさんじゃなかったっすか。クドカンさん、頼まれてすぐに書いた、って言ってたようでそれもなんとなく理解できたきもした。。。三池監督の良さが子供向けの映画、って事でかなり出にくくなってるんだよね。やりづらかったのでは。。。宇宙人もどーせだったらずんごく嫌なやつ、か、かなり可愛いやつとかにしても良かったのでは。。。個人的には実は宇宙人も悪いやつらではなかったんだよね、っていうので終わって欲しかったかな。でも哀川翔さんのしゃべりがもっと聞きたかった。かれの三池監督の牛がつく題名(goku..?)の役と演技は凄く好きだ。

あとは松下由樹の出てる大奥。これからみないと。浅野ゆう子のも良かったからなあ。彼女の演技すんごく映えてた。

実は前に手に入れてみてない映画かなりある。manjiとかも。すきなのばかり後回しにしちゃだめだよね。そろそろ観ようっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)