熟女のエロティシズム・・・ なのかもしれないが。

日本の映画揮発性の女を観た。キャッチコピーは以下:

止まった時間が動いたときそこが私の発火点
熟女のエロティシズム

旦那と別れて一人でガソリンスタンドを田舎で運営する無愛想な中年?女性(石井苗子)
が強盗をして逃げてきたひとまわり若い男(澤田俊輔)に家に入られ、監禁される。
そのうち女性は解放され、男性も自首したいので警察に連絡してくれ、と
言っても女性はせず、男性との同居を望み、ぎこちなさが残りながらも
性的関係持ち始める。男性は段々と嫌になっていき、家を出ると言っても
女性が同意しない。なんだかんだ言っても両方とも不自然に同居を続ける。

この二人の演技、なかなかいい。
だけどとっても気になったのが上のキャッチコピー。
これは映画を観た後にサイトで読んだんだけど
これみてポイントがわかった気がする。
要するに、色々な状況で時間が止まっていた”熟女”が
相手が強盗だろうが男が来たのを良いことに性欲を満足させていき、
相手が嫌がっても要求を続ける、というエロティシズム。

あるサイトでは20代〜40代に見える監督は
年上女性が好きなんです、と言っていた。

でもこの女性はプライドを捨ててまで必死になって性を武器に相手を
留まらせようとしているシーンがあり、
正直これは現実にはあまりないよな〜と思ってしまった。
強盗が入ってきた、ということで
色んな感情が混ざって思ってもなかった行動ができたりしたのかもしれない。
身寄りがなく、理解をしてくれるヒトもいないだろう
強盗した男の状況と淋しい女性の状況を照らし合わせたのかもしれない。
それで殺されかけたとも思える状況に女性は腹が立ち余計に
自分の性欲もぶつけてもいい相手だ、と思えたのかもしれない。

でも熟女で淋しい女でもプライドあるし。
熟女のエロがこういうもの、と思われたらやっぱり嫌ですねえ。
あと熟女がそれほどエロ、っていうならカメラワークをもっと
近づけてもっとイヤラシくできたのではー?とも思った。
熟女のエロはこんなもんではないですよー^^

続きを読む "熟女のエロティシズム・・・ なのかもしれないが。"

| | コメント (8) | トラックバック (0)