山神様の祟りと大学の関係、とは・・・

いやね、私のいるところは山に囲まれていて自然にとっても恵まれている。
一時は全然違うところにいて、自然に囲まれてるというよりは田舎、というところだった。
こっちに越してきたときは誰にも羨ましがられ、観光に人が来るようなところに
住めていいね、とよく言われる。
だけど大学の周りだけで考えるとなぜか・・・ほんとにな~ぜか、
精神的な心の病を持っている方が多い。
これは私も驚き、その度に元のところにまだいる大学関係者友人に
話していたのだが、似たようなことがことが何度も起こり
それがみんな大学関係者だったから、友人にも
”あなたのその大学、おかしい人多いみたいだねえ”と
なっていた。

しかし私は同じ州の違う大学に最近移ったのだが
そうしたらソコでも似たように心の病を持っている方が多い。
”。。。じゃあ大学がおかしいんじゃなくて、この町、というか
地域が全部やばいのか・・・”

と思っていたところ、私は日本のある霊媒師の人の話を本で読んでいたら
(まあ心霊関係を信じる信じないは別として)
その人がある女性の悩み相談をしているうちに女性が田舎に引っ越した、と
わかったら
”山や自然に囲まれたところに住んでると自然霊が関わっている土地が
多くて、特に神経症を伴っている人には酷く症状がでるので住んではいけない”
と言っていた。

な、なんとっ!!コレはどうしてもうちの地域の話しの状況に似ているような。。。

例えば近所にある二つの大学の実例で行くと
1.ある女性人類学教授はカウンセリングやセラピーを受けるのを通り越して
精神病の治療にかかっており、一人で誰もいない方向を見て話していたりする・・・
(数年続けて病気で休みを取っていたが現在は薬が効いているようでかなりパワーを増している)

2.ある女性文学教授はうつ病で薬の治療を続けているのだが
他の薬(偏頭痛など)と一緒に飲んでいるため、そしてその量を多くしたり少なくしたりするため
大学の自分のオフィスで倒れ、救急車に運ばれたりする。
いつも授業に遅れそのたびに何かと理由を付ける(時間通りに来た事がない)

3.ある日本人女性言語学教授は学部内で他の日本人からイジメを受け、精神的におかしくなり学校の
休みを取っていたが戻ってきても治らず人と交流ができず夜中の3時ごろに大学に来て
仕事をはじめ朝の6時ごろに家に戻るという生活。

4.ある女性日本語教師はどこかの宗教の僧の免許を持っているらしいのだが
アシスタントの学生とうまくいかないとその学生の名前を写経し、土に埋めて
恨みを晴らしているらしく、その学生も知っていたし他の教師も知っていた。

5.ある男性日本語教師は明らかにわかるゲイで女性言葉を使うのだが
時々ゲイの生徒を持つと夜中にいきなり電話をしたりして迷惑をかけ、いきなり
意味のわからんメールを送りつける。

まあ、このリスト終わりがないのですが、もう一つというのは私が以前書いていたおかしい
日本人女性上司の心の病が発覚したのです。
この女性の病気の重さから見て、これは地域の山神の祟りなのか!と思い始めたのだった。

この女性、先日朝の10時に教師同士で集まり、採点を一緒にすることにしたら
30分以上遅れてきて、明らかにわかる病気の、10歳歳をとったような顔で来た。
”朝薬を飲むのを忘れたから調子が悪いの、ごめんね”
と言って机に上半身を伏せて辛い様子。

"センセイ、だったら別の日に会いましょうか、辛そうだし”
といっても、この日しか時間がないから、と言ってそのまま仕事を始めたのだが
結局薬が一錠かばんから見つかりセンセイ大喜び。
”私頭が動いてきたようだわ。目もパッチリしてきたし。私夜型だし!”
夕方ごろそういって張り切って仕事を仕切りだしたり無駄話に燃えたり。
私も無駄話を楽しんだ部分もあったのだが・・・
何時に家に戻ったと思います?

朝の4:30ですよ!!!

朝の十時に集まり、この時間に戻るっていうのは
このセンセイの仕切りの悪さが原因です。
何事にも時間がかかり、そのセンセイの言うとおりにしないといけない。
付き合わないといけない。

信じられん。。。。

”あら、私は薬を飲んで元気になったけどあなた達なんか
疲れているわねえ”
と私達他の教師に言う。
このセンセイは一番年上で20年もそこで働いている人。
私は早くしましょう、などと話しても結局大学で
夜中の2時まで仕事をして、
センセイに帰り車で送ってもらうが
大学内の政治の話しをされ、このセンセイの立場の悪さ
などを話され途中で泣かれたりして・・・
話しを聞いてやり、やっと家に帰らせてもらった・・・

”あまりしらないあなた達に言うのもなんだけど私は病気を持っていて・・・”

と言っていた。それが色々なところに影響し、
訳の分からない事を私達に言ったりやらせたりする、というのは
正直想像が着いていたのは確かーおかしいからね、どうしても。

噂でもこの教師はクレイジーと聞いていたし。

ただやっぱり心の病となると同情もするし邪険に扱いケンカばかりすることもできない。

山神のせいなのか、単に偶然なのか、心の病をもつ人はどこにもいるけど
これほど大学にいるのを聞いたことがなかった。
こういう方達と働くのは本当になかなか難しい。
傷つけたくないし、余計興奮されても困るし怖いし
そして自分の立場に悪影響されても困る。

センセイ、もうちょっと休んだ方がいいんでは、と
言ったら
"休んでる間に他の教師に私の領域が侵されて
立場が脅かされるのよ、だからそれもできないの”
という。

ああ、みなさんどうしてるのかな。
大学って世間知らずに社会を経験せずに働いてる人が主にいたりするというのも含めて
おかしいところだ、ほんとに。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yesマンが大学政治に利用される時

うーん、先日記事にした千葉出身を東京出身と答える
日本人男性イェスマン君。今度はみんなに嫌われてる
日本人女上司に利用されそうだぞ。

この日本人女性上司XXさん。
学部の秘書にも嫌われ、
今までの部下というか後輩にも嫌われ
仕事を途中で放り出され
そして新しくきた私などにも
辞めろ、などというおかしな人。
やっぱり学部でも立場が弱いし
み〜んなが辞めてほしがっている。
だから新しい人も育たないし
みんなここで仕事をやりたがらない。

でも万が一誰か来たらなるたけ続けて欲しいし
学部としてはxxさんの代わりがとにかく欲しい。

XXさんはイエスマン君に
”あなたの所属にOOさんて女性いるでしょ?
あの人ほんとは違法に働いてるんじゃないか、
って噂になってるのよ。
普通だったら〜〜なのに違うみたいで
違法とわかっていて学部や周りが
残って欲しいからって助けてあげてる、って
噂があるのよ。ちょっと調べたいから
あなた、彼女に学生ですか、とか何してるんですか、
って聞いてみてくれる?”

私は、アレ、やばいこと言ってるなあ、とすぐ思った。
全く関係ない私に他の人のそんな違法かもしれない
事を話してしまってるし、
それをまた関係ない他人に説明して
チェック(取調べ)させる。これは
普通北米に住んでいたらみんな関わらない
ようにする事だ、ってわかるんだけどね。
こういうのに敏感で、英語では
”ポリシング(警察じゃないんだから、警察みたいなばかげたことするな)”
っていうように子供じみた、大人がやることじゃないよ、って
状況だ。

そこはイエスマン君、即座に
”あ、いいですよ。はい、わかりました。”
と答えた・・・

XXさん、付け加える。
”彼女が残って、色々と授業を教えるようになったら
私の地位が危うくなるのよ、ね、そうでしょ。”

イエスマン君、
”ああ、はいはい。。。そうですねえ。”

う〜ん、彼一体何に協力してるかわかってんのかね。
わかってて、関係が悪くなるのが嫌だから
その場その場で適当に返事して
後で本当は聞いてこない、ってことにするのだろうか。

私はこういう話になるとなるだけ頭に入れないようにする。
知らないほうが楽だし知っていたら罪になることが多いし。
だけどこのイエスマン兄ちゃんが巻き込まれたかー
と思い、人権問題に思えてきた。だから後で聞いてみた。

私:”ねえねえ、さっき言ってたの、同じ学部に
いる方なんですか。”
イエスマン”あ、そうですねえ”
私: 今やってる仕事に関係ある人なんですか。
イエスマン: ああ、なんか一度やってたけど辞めて、
それで今は違うレベルで教えてるみたいで。
私:その人学生でもあるわけじゃないの?
イエスマン:なんか授業聴講してて、一緒なんですよ。
私:へえ〜。。。。

話しを聞くとその女性、もしかしたら
XXさんの代わりの有力候補なのかもしれない。
だからその前に種を摘んでおこう、ってことらしいぞ。
ちょっと、
”さっきの話、関わらないほうがいいと思うよ”
って言うのが何度も頭をよぎったが
私は言葉を呑んだ。
ここでこの兄ちゃんが頭悪かったら
そういう私の意見をどうやって悪い方向に持っていかれるか
わからないからね。
この兄ちゃんが結果、どうすることにしたか
を見てから、もうちょっと様子を見てから
にしよう、と思った。

だけどXX嫌われ女上司に言われるまま
やってきたらホントにだめなへたれイエスマンの
称号を与えたいと思う。
このxx上司、イエスマンが聞いて来た答えによっては
そのもう一人の女性を違法だと、学部だけではなく、大学の上の方、
または政府にも連絡する勢いなのは明らかなんだから。
だって学部全体に嫌われてるから自分の仕事をキープするのに
一生懸命なんだから。
しかも、その女性がいたら自分の地位が危ない、って
率直に私たちに言ってしまってるんだから。

そこまで言うこの女性上司もバカだけどね。
どーせやるならもっと隠すとこは隠さないと
うまくできねーだろ、って突っ込みたい。

それに協力するイェスマンも・・・
刺客、というのかな。
犬、というか。
バカというか。

まあ、結果はまだわからないのだからもうちょっとの
我慢だ・・・

しかし北米のこの小さな日本人だけの
世界。気持ち悪いよね。
まあ日本でも良く聞くけど。特に女性教授の話しも。
一番悪いのは権力を持った操る方だけど
気持ち悪いのはホイホイ言われて動く手下達。
今まで何年教育受けて、教育にいくら掛けてきたんだよ、君たち!
目を覚まして、イェスをするべき時としないときを
しっかり見極めなさい!!!と
この学界の現実に渇をいれたいです。

まあ、そこまでしても自分の社会的地位が欲しい、
上から嫌われたくない、教授になりたい、
なんて思ってるんでしょう。
そのためのイェスマン、イェスウーマンなんでしょうなあ。
目先の欲に負けて、ホイホイと。

AHO〜〜〜!
BAKA KA〜〜〜!
おみゃ〜いつ死ぬかもわからんのに
目先の欲に自分の我を犠牲に
教授っていう地位のために・・・
え、今我慢して自分が教授になってから何百人の学生を
教育して環境を変える?
いや、あんたがたが教授になったってならなかったって
ほとんど世間は変わらないでしょ。
それよりさっさと辞めて
ラーメン屋とかになったほうがよっぽど人のためだよ。
中途半端に生徒のため、とか言ってんじゃないよ。
あんたがたが辞めたほうがよっぽど生徒のためになるんじゃないの、
その権威、権力貪欲は生徒もばかじゃないんだから感じられるよ。
あほか。

とちょっと本気で怒ってみた。
ごめん、こういう権力のしたでホイホイ動いてるやつも
人間ってわかってるけど
付き合わないといけない、ってわかるけど
んで実際会ったら普通に会話もできるけど
罪を憎んで人を憎まずですな・・・
こういう重要な時にしっかりと理性で
行動できない、ってことはしっかり人道的に教育されてない、
ってことだし人に教育もできない、ってことだと感じます。
厳しいかね・・・
まあ人間完璧じゃないけどさ、
そういう人が育たないように自分で言動で見せて行きたいし
その努力を続けたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しっかり権威を保つ軸となる大学のサークル活動

日本にはサークル、というものが大学にある。まあ倶楽部活動ではあるが、あなどれないのがそのつて/コネ。卒業すればOB/OGなどとあって、恋愛相手も見つけられる可能性もあれば、職を得られる可能性も大。実際、大きな企業の重役は同じ大学の同じサークルで取り締まらる事もなきにしもあらずで、”ああ、あいつは慶応だから、””早稲田のoooサークルだから”などと50、60にもなってつぶやく人物がいたりする。正直、日本の権威社会制度を見るのに大学サークル、あなどれないのだ。

それは大学生の特権という物もいる。この集団行動を行うグループは犯罪も一緒に犯したりする面も新聞メディアで明らかになった。ある意味、人気のサークルは日本でもなかなか入りにくく、容姿などのテストのようなことをされる話も聞く。これは動く社会の中でも多面で変化しながら制度化されて存在している部分が多いにある。こんな制度、日本以外にもあったのかー、と筆者は海外で驚いた。北米はもちろん、ヨーッパでもそれはある。筆者が良くしる北米のサークル文化の様子をちょっとここで書いてみたい。良い面もたくさんあり、そのサークルの名前のステッカーを車の後ろの窓に誇らしげにはる男女はとにかく多く、その英語でない文字になんで車にみんな訳のわからんステッカーを貼ってるのか、と思う外国人は多いと思う。全部ギリシャ語で書いてあるのだ(このサークル文化の歴史は古く、実際の研究を行っていない筆者は、変化が良く起きている、というのは認識しているので、もしかしてもうギリシャ語はやめよう、としているグループのある可能性も高いことをここで示しておきます)。まず、そのとくに競争率が激しかったり、他のサークルとは違った面で宣伝しているグループは分かる人には分かる、視的なメッセージだったりもするし、なにより自分の社会的ステイタスになるのだ。偉いさんと同じサークルだったりする有名サークルグループに所属、となると当然のごとくだ。

とにかく筆者は良い面はそこそこに(ここではそれ以外を中心に)記させてもらおうと思う。筆者の生活でたくさんのサークル人間?と出会い、話を聞き、その色々な面での文化的な位置づけの重要さを良く感じるので肌で感じられなくなる前に記して置きたいのである。(ここでは筆者が感じたり、聞いたり見たりした事を書くので情報が新しく変化してる場合もあるがどうぞこれは
それらの歴史の一部かも、と見て下さい)

まず女性だけが入るグループはソロリティ、といい、おおまかな説明はアメリカのソロリティとはなんぞやとちょっと書いてあるブログにあるので興味があるかたは見てみてほしい。まず、日本語で検索したらアニメの話の中ででてくるらしく、そういうのばかりで、実際の生活を日本語で書いてあるのはなかなかない。

つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)