狂言・能を堪能!(韻も踏む!)

The_gull_poster_l_edited昨日は日系の歴史と日本の能・狂言を
ミックスしたものを観にいった。
かなり感銘を受けた~。
白人とミックスしたアジア系の
俳優がその当時に彼らが着ていたような服で
狂言師の歩き方や話し方(英語で)などの
動き全てを表現して
日本からの狂言師や演奏者も入り
90分思う存分楽しんだ。

狂言は以前から見てみたかったけどもなかなか
手がだしずらかったのだけどこれは
テントをはった外でやり
んで一般より短い時間だからかそれとも
新鮮だからか眠くならなかった、
寝不足なのに。

脚本家は日系男性とずっと付き合っていた
今はレズビアンの白人女性なんだけど
狂言を勉強している一緒に行った友人によると
物語のなかに伊勢物語を入り込めたり結構
工夫しているようだ。

言葉はミックスの俳優は英語に日本語をちょっといれて
話し方を能のようにしていて、目線はいつも同じところで
瞬きもほとんどしない。
日本からの狂言師はほとんど日本語、だけどたまに
あの口調で英語も話してた。

一人のジイサン演奏者の太鼓の叩き方が
かっこよかったなあ。
滅多に行かないこういうイベントももっと
積極的に参加しよう、って気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漫(マン)読(ドク)家・東方力丸はおもしろーい

リンク: 東京日々... 2005年9月.

このマンドク家さんが北斗の拳を読んでいるのを
このリンク で数十分も動画で見られる。
これは笑ったー。この方は芸人さんで
最近メディアに出られているよう。

一番笑ったのはこの人が
ケンシロウや悪役のバトルの狭間の
迫力ある濁点続きの効果音的言葉を
発していると時々ジャニーズの男の子のような
若い可愛い男子がでて来るとき。
全部一人で読んでて
どの部分を読んでいるとかわからないのに
その台詞の人相などもすごく想像できるから笑えるー。
女性の声をやっているところだけは
かなり女性っぽくなくてまた笑えたー。

この芸、すんごくイイゾー。
こういうのを無料で発信しているbiglobe
さんが私は好きだー。
そしてGyaoのように海外では見られません、って
ことにもなってないので大好きだー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)