« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

グリズリー熊と住みたくなった

世間では最も獰猛な熊とも言われるグリズリーグマが
生物学的に獰猛なわけではない、というのを
証明しようとした男性のドキュメンタリーを観た。

Edge_of_eden

この The Edge of Eden: Living with Grizzlies
という映画は グリズリーはもともとは獰猛ではなく、
相手に脅かされ、自分や家族を守らなければ
いけないときにはそうならざるを得ない時があるだけで、
それは人間だって同じ。始めから獰猛として
殺すのは人間の身勝手はことだ、というのを教えてくれる。

この映画では初老にみえる男性が小さい時から家族とキャンプで
みたグリズリーが遠くからそおっとみてると
熊の親子でかなりまったりとしていて全く怖くなかった。
そうやって近づいて行ったら怖いどころか
信頼関係が普通のペットのように築く事ができた。
その時に8ミリ映像で撮ったものもこの映画では観ることができる。

このほとんどの映像は男性がロシアの北の方で一人で

熊の子供を育ているものだ。

そこでは人間同士でもあるような誤解が生じ、それをゆっくり解いて行く様子もみられる。ある時は山の斜面にグリズリー2匹が遊んでいて、
その斜面の上からボロボロ小さい石が落ちて来てるんだけど
かなり高い上から落ちて来るから当たったらかなりの怪我になる。
男性はグリズリーに”あぶないよ、上をみなさい”なんて何度も
言ってみるがもちろん熊たちは無視で遊んでいる。
そしたらやっぱり一つの大きめの石が一匹に当たり、その熊は
驚いて、怖がって横に走って逃げてしまった。
それも男性の方を横目に。

それで男性は映像を撮っているカメラマンに
”もしかして、私がこの石を投げた、と思ってるみたいじゃないか?
特にさっき危ない、って声を掛けたすぐ後に当たったから
逆に投げるぞー、と
言ったように感じてるのかもしれない。ああ・・・”

とかなり心配している男性。

熊に近寄っても声を出して近寄るな、状態。
熊が横になっているところに”ごめんな、大丈夫か。。”
と段々と触っていき誤解をとろうとしていく男性。

誤解が解けたかどうかはわからないけども
お互いの気持ちが伝わっている感じはうけられる。

人間や同じ熊(共食いもある)や他の動物が
自分をおびえさせる状況を作った時には
守るために威嚇するが、それは相手の態度や状況が
あってのことでもとから獰猛な訳ではまったくない、と
いう男性。ロシアのハンターが毛皮のために殺した親熊
が残した数十匹の小熊を自立できるようにこの男性が一人で
育てている。その経験が映像でものこり、
その結果も見受けられる。

この映画を観て感じる事は言葉では言い表すのは難しいが
人間が動物を勝手に獰猛と決めつけるのだけは
間違いと確認できて
こういう男性の存在が重要だ、ということがよくわかる。

日本でもムツゴロウさんとかいるけど私はあまり彼の映像を
みたことがなかった。彼もかなりのメッセージを社会に伝えて
彼のファームにも人がほとんどボランティア状態で働いているようだから
彼のような人がこれからも現れることが重要なんだろうな。

やっぱりテレビにしろどっかが寄付とかしないとやっていけないんだろう。しかしかなり重要なことだと思う。どっかの議員さんもこういうことを意見にだしたらどうか。以前北海道の熊を神として扱っていた場所に行ったら大きな熊がたくさんいたがどれもギリギリの檻に入れられ、熊はストレスで行ったり来たりと誰が観てもかわいそうな状況だった。

神様と祭っていたあの頃をわすれちゃいかんだろーとも。これはかなりのやることあると思うなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外のDVDを日本で観れる?

日本ではリージョン・フリーのDVDは普通に手に入るのだろうか。
北米では今やどこの店でも海外版も普通に見られるDVDプレーヤーが売っていて
Macなどのコンピューターまで売ってるドラッグストアや電気量販店でも
他の高いDVDプレーヤーと共に大体激安の80ドルくらいから並んでる。

海外版のDVDを売ってる日本のサイトを見たらリージョンフリーのDVDプレーヤーまで販売していたからちょっと興味が出た。日本ではもう販売しない邦画作品が欧米だけで販売されることが増えて来た今、こういうのって映画が好きな人は特に必要だ。マニアな人なら特に高くても質のいいリージョンフリーのプレーヤーが欲しいだろう。

最近初Bose製品を買ってみてちょっとセレブな気分になった。音楽を質で楽しむ、ということはなぜか湖に行って自然をたしなむ事に似てたり、温泉につかって満喫するのにも似てたりするほどのリラックス感が得られるんだったなあ、と再確認できた。

そして先日、日本では2007年の秋に公開だというチャン・イー・モウ監督の歴史映画最新作、カース・オブ・ゴールデン・フラワーを観たんだけどこの映像の美しさったらないったらナイ!こういうのを観たい時期に家で観たい、と思うから輸入のからでも観たい。

まあ日本版を売りたい側にとってはだからリージョンフリーを配給したくないのだろうけども・・・どうせ見たい人は既に買って観てるんだろうしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改革は内から外へ?

元テレ朝アナの丸川さんといえば田島陽子がフェミニズムをテレビで浸透させたテレビタックルにアナウンサーとして毎週出演していたように思う。
そこで何かというと田島陽子の意見が”男性嫌い””男性差別”に取られて周りの出演者が懐疑的になってると”じゃあ丸川さんはどう思うの?”と若い女性の意見の代表のように意見を振られていた気がする。

出演者には東ちずるもいて、この人もだんだんと勉強していき、とうとう田島陽子の言っている内容にだんだんと知識的についていき、いくつかは同意できる、と理由をしっかり述べた上で示しだした。そこへ丸川アナも徐々に田島陽子、東ちずるの意見を理解してきたように画面からは見え、懐疑的な男性政治家などに意見を振られても曖昧な返事をしなくなっていき、時々は、というか段々と田島&東寄りの意見を見せていた。

この状況に海外で日本のテレビ番組を借りて結構注目して見ていた私は
田島陽子、東ちずるそして丸川アナを常にチェックしていた。田島陽子のメディアの影響も今は落ち着いたし、東ちずるもそれ以来かなり話の構造を考えながら意見をいうようになったなあ、など。TVのチカラの司会に抜擢されたのも、TVタックルと同じテレ朝とはいえ、彼女のしっかりとまとめられた意見をいう姿勢が評価されたんじゃないかな、とおもったりした。

そして丸川アナだ。東大出身と言ってもそれだけで評価されていた訳ではないと思う。TVタックル出演の後だと思うがNYに派遣されていた時期も一年ほどあった。アメリカの政治状況も見たと思う。

でも、24日の朝の日本テレビ”スッキリ!”でテリー伊東が生出演の丸川元アナに”自民党から出馬というのは今まで言っていたことと不自然なところがある”と指摘されていたということと、テレ朝の社長もなぜに自民党?と彼女の選択に疑問視しているように、私がチェックできた内容からも言って彼女の視点は段々と民主党、社民党、もしかして共産党?みたいな方向に言っていた。

メジャーなメディアからの出馬ということで民主党だろう、と思ってたんだけど、なんというどんでん返し。安倍首相直々に言われ、その場面も放送され、自民党からの出馬を決意しました、だという。テリー伊東の質問には、チャレンジすることがないなら自民党から出馬する意味はなかった(自民党というところにチャレンジすることがあるからこそ自民党から出馬する、という意)のような理由を述べていたらしい。

その裏には彼女の数年前の不倫騒動、そして現在同棲中のどっかの社長がらみの理由があるのでは?とも感じられる。だって正直彼女は自民党で利用はされても、自民党を利用するには力不足のような気がするから。

それとも化けるか。うーん、期待してないけど様子はみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »