« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

祝!無料バナー貼り!時期なのでリニューアル

ココログの無料メンバ−はバナーを貼るシステムがついてこないので
諦めていたバナーだったのですが
親切な方が無料メンバーでも貼れるんだよ、と貼り方を
教えてくれたし

時期的に選挙が4月に迫ってるし
ちょっとブログをバナーと赤でリニューアルしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知名度上がっちゃうね、こりゃあ。。。

リンク: asahi.com:朝日新聞 2007統一地方選挙.

東京都知事選に13人だか14人が立候補ですってね。
まあ石原氏、浅野氏、黒川氏、が意外と健闘するんじゃないかな、と予想です。私は浅野氏か足立区元区長に入れたいけども選挙できないので残念。黒川氏の奥さんがなんちゃらって女優だったり(これは婦人公論でインタビューに答えているそう)当人が日本会議のメンバーだったり、とかなり石原氏とかぶっているところありそうで、正直票が割れたらラッキーと思える。

残りの候補者はこれでかなり知名度アップですね。
宗教家の方も”幸せ論”みたいな事言ってがんばってる
らしいですけど、ただ、ちまたで話されている、
お一人おっそろし~方、いらっしゃいますよね。
道路・音楽家の方。その方のうぃきぺでぃあはアラまあ
充実しちゃって。ご本人書いたんじゃないか、というほど。

この方、ニュースででてないかな~ってちょっと動画見てみたけど
今のところ見つけられない。そろそろユーチューブにでるかな。

しかし東国原宮崎知事の影響でしょうねえ、こう誰でもできるんじゃないか、って思われてそうなの。正直そのまんま東の時代は彼かなり政治を勉強してたから誰でも、って訳ではなかったんだけどね。みなさん、大学で熱入れて勉強する、ってことの状況がどうしてもみえてこないのかな。勉強しないで、太陽族っていって車走らせて遊んで大学卒業しちゃった人が都知事になってるからかな、それとも。コレのほうがかなり悪影響のはずなのに正直ぱっと出てきたように見られる東にちょっと同情だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤原紀香の舞台キャンセルは出馬の準備?

リンク: 藤原紀香が今夏舞台キャンセル | エキサイトニュース.

結構以前からなんちゃら大使とかやって自民党出馬のうわさのある
藤原のりか。金沢誠 氏のサイトにもそれを納得させるような記事が。でもリンクは許可が必要、っていうしどんなリンクにどんな許可が必要かわからないから読みたい方は個人で検索して(ま、すぐ出ますけど)下のほうの記事で読んで頂くことにしたい。

ただ、コレ読んだ後にこのノリカさんの夏舞台キャンセルの昨日の記事を読むとこりゃあ夏の出馬に忙しくなるからじゃないの?と思えてしまう。

結婚する、って噂になったときも自分と相手事務所がかなり揉めた、というがそれももし出馬の予定があっての上での話しだったらやっぱり納得できる。結婚の噂が流れてから相手の芸人、陣内智則がさわやかさを満々と出しているし周りの同じ所属事務所の芸人も陣内がどれだけ”天然”なキャラなのか、とだけしかイジらず、正直これもなるほど~って思ってしまう。だって陣内氏は元AV女優、現タレントの及川ナオさんと付き合っていた、とか、色々最近まで噂があったのに一部ネットを除いてテレビでもこれは押さえられたと見た。

藤原ノリカに夏の出馬の予定があり、アベ政治の最後のこまとして出されるのだったらそりゃあ周りもてんやわんやだろうなあ。んで陣内が好きだとテレビで告白した元モデルのなんとか、っていう人も後になって元彼女じゃないです、って公に発言しないといけなかった、ってこういうことかも、って夏になったらわかりますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

治療薬「タミフル」、10代の服用制限 厚労省指示、だけど10代以下にも制限したいネ

リンク: asahi.com:治療薬「タミフル」、10代の服用制限 厚労省指示�-�暮らし.

やっと政府からタミフル制限の指示がでた。
タミフルの使用は全世界の7割程度が日本だ。

ということは色々な国、州で
タミフルの使用が禁止されたり制限されたりしている。

さらに、ということは日本が大半のタミフル売り上げを誇っているから
販売元にとっては日本がタミフルを制限するとかな~り困る訳だ。
困るというよりも会社の売り上げが大幅に削減される。

だから先日あったタミフルの販売元が研究者らに研究費資金を譲渡、というのは全く予想・予測できること。そこまでしないと販売元は困っちゃうってことだ。資金をもらった側は”研究結果との関係はない”と言っているが、もし本当に全く関係なく、研究結果が
”タミフルは世界中でほとんど使われてないし使わないほうが望ましい”
なんてなったら販売元は資金なんて渡さなきゃ良かった、となるだろう。
そんなところに大金はたいている場合じゃないんだから。

ここらへんは週間朝日がパソコンでも流している
3月13日付けの”スクープ!タミフル異常死と「疑惑のカネ」
でちょっと説明している。ポッドキャストにもなっているので
なかなか普段雑誌が読めない私でもフォローできた。

しかし、10歳以上の制限、っていうのも恐ろしくないか。
まだ体の免疫力が低い10歳以下こそが
タミフルの使用に疑問を持たれて注意が必要だと思うのだが。

ということで私だったら10歳以下の子供がいたらぜったいに
タミフル以外のものを使うぜい、と思った。
これからもタミフル疑惑は色々でるね、こりゃあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐怖のJASRAC - 日本著作権協会

リンク: Yahoo! JAPAN - やっぱり雑誌がおもしろい!!.

最近の森進一の”おふくろさん騒動”を興味深く取っている。以前から色々とクレームの多かったJASRACこと日本著作権協会が関わってきてさらにこれから問題が広がってJASRACが改善していってほしいと思う。

JASRACを通っていくお金の行方に謎が多い、とよく芸能人の間では離されているらしい。それはウィキペディア でもうまくまとめられている。
例えば:
ーある田舎の喫茶店のオーナーがビートルズの曲をかけていたら無断でかけた、ということで裁判にされ、今も終わっていない。
ー歌手、大槻ケンヂが自分の本に自分が作詞した曲の歌詞を載せたら著作権を管理しているわれわれに金を払え、と言われた。自分のものなのに?と疑問に思ったが争うのが嫌なので支払い、そのうちの何パーセントか戻るはずだったから確定申告で出そう、と思ってもいつになってもその分が戻らない。連絡すると、”知らない”という、答え。自分が自ら払ったものだったのに。。。
ココ に画像でまとめがあります。

そしてJASRACの黒い部分を暴いた2005年のスクープ記事、
〈企業レポート〉日本音楽著作権協会(ジャスラック)/使用料1000億円の巨大利権 音楽を食い物にする呆れた実態

            週刊ダイヤモンド 9/17号(ダイヤモンド社)
はその年の雑誌、ネットの記事大賞を決める中でニュース報道部門賞”を取っています。トップのリンクでその記事も読めます。

作詞家の一存ではすぐに著作権の使用をコントロールできない、というのもこのおふくろさん騒動で今明らかにされました(3月6日日刊スポーツ電子面 )。これでさらにJASRACの構造が明らかにされ、天下りが改善され、利用者、著作者に友好的な組織になってもらいたい、と願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »