« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

音楽のテイスト広める NUMBER GIRL-透明少女

リンク: YouTube - NUMBER GIRL-透明少女.

今日は久しぶりに同じ音楽のテイストの友達に会った。
もともとアングラ系の音楽はファン人口が少ないので
なかなか同じテイストの人と出会う事がないし
特にこの種類はジェンダーの割合は男性の方が多かったり
するので音楽の趣味で遊ぶというと男と一緒の方が多い
のだが今日会った友人はコミュニティー活動を一緒にしている友人なので普段あんまり音楽の話をしないのだけどこのブログでNumber Girlの記事を最近書いたせいで
今日はこの友人を見てハッ!と思い出し、音楽の話を久しぶりにできた。彼女は私よりはもうちょっとマイルドでキャッチーなアングラ音楽が好きなんだけど似たようなジャンルなので共通の話ができる。

話してみると彼女は学部時代からやっていたラジオ番組を続けていたそうで、今はポッドキャストにして流しているそうだ。知らなかった。早速ポッドキャストに登録してみる。あ、私も登録するつもりでココログに移ったのに、対して何もできていない。申し訳ない。始めたらちゃんとお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tsubaki CMと美しい国

リンク: 大根仁のページ.

やっぱりわかってる人はわかってますよね。
あの化粧品会社の人気製品のCM、って書いててなんども
SMって書いてしまい書き直してるんですが。

日本の女性は美しい、ってなんで今そんなのが
強調されてでてるか、感じますよね?
そういったイメージがどのように無意識レベルで
私たちの脳の中から外へ影響するかわかりますよね?
そりゃああれに出てるモデルやイナバウア−やら
景色やら凄い演出家使ってるだろうしきれいですよ。
ただね、あんなデカ文字(フォント)で

日本の女性は美しい

ってキモッ!
みなさん、そんなサブリミナル効果に負けずに、
きれ−な姉ちゃんみたくても
歯を食いしばり
チャンネルのリモコンをカチッと
一瞬変えるなりの努力などしないと
映像汚染、されてますよ。
お子さんのいるかたはもっと慎重になさったらいかがかと。

っつーか、正直SMについて書いた方が楽しいんですが。
でも実際に世間では日本女性の美しいSMよりもCMのほうが
悪影響だし、危険にさらされてるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のサラリーマン風パンクっぽいバンド、イイネ!Number Girl

リンク: YouTube - Number Girl - Inuzini (Live).

こういう日本のバンドに出会うと私も媚びを売らずに自分の姿勢を守り抜いて生きていくぜい!スピリッツが蘇る。

日本の祭囃子も音楽に取り込んだりしている北米パンクロックにインスパイアされたようなバンド、ナンバーガール、きっこの日記で知ったけどいいなあ。

このメインの人がサラリーマンみたいなのがいいね。変に格好つけて”バンドやってます、オレ”的な雰囲気ゼロ!

でもこういうのがアメリカポストパンクバンド、Fugazi(以前にも記事で書いたマルクス主義バンド)のスタイルそっくりなんだけどね。私はそれがいい。かっこえー。

しっかしこの歌の歌いだしが正直アメリカバンド、Dinosaur Jr. ってバンドにクリソツだった気もした。でもそれでもいい。アメリカに行かなくても日本でかっちょいい音楽が観れて聞けるのは素晴らすい。

今は解散したんだったねえ。灰野敬二のようにずっとやっててほしかったなあ。

あと透明少女  っていう曲もいいなー。このギターの田淵ひさ子って女性は今なにやってんだろー。今12月になってるけど私から
今年の最高かっこいい女性だったで賞をあげたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「正しい和食」認証制度に米メディア猛反発

リンク: 「正しい和食」認証制度に米メディア猛反発|食|生活・健康|Sankei WEB.

・・・農水省が検討している、海外にある和食レストランを”正しい和食かどうか”と認証する制度の導入についてアメリカのメディアが反応している、という。”日米食文化摩擦”の可能性とか。”日本がスシ・ポリスを派遣する”とか。

ある意味、これでアメリカに日本の現在の独裁者ぶりが伝わるようで良かったかも。

今は北米でもフランス料理と和食を含むアジア料理をまぜたフュージョン・クジンなどがかなり人気になってる。それも大抵がフランス人でも日本人でもない白人の人が経営者だ。

だからってフランス政府が”正しいフランス料理かどうか決める制度をいれます”なんて言う事は考えつかないし正直フランス政府はフランスの料理を逆に広めたいだろうし、経営者も困るだろうからそこまでコントロールしようと出る事は考えつかない。

国際的な場所でこんなことが話にでたら
”アホか”
の一言です。恥ずかしくてしょうがありません。
これ以上海外で日本人にはじかかせないでほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎勤事件取材記者が真相告白!メディアで造られたオタクイメージ

宮崎勤事件取材記者が真相告白!メディアで造られたオタクイメージ

まあ予想はついていたのでやっぱり、という感じ。
だけど当時のメディアの報道のされかたで
やっぱり私も影響されていたところはあった。
この記者が話している割合よりも多少多くは
ロリコン系のものがあったように印象づけていた。

でもほとんどがアニメ(それもファンなら知っている特定されたもの)
でエロ系はそれが好きな人と自分が欲しいものを交換するために
買い置きしていたようだ。

もちろん実際の犯罪の面では全く許されるところはないだろうが
裁判での罪の付け方で
”社会的影響も大きい犯罪”
はさらに厳しい罪を問われる。
という事を考えると、この記者が真相告白したことに
より正直この宮崎勤事件に
メディアのイメージ詐称という部分が関わっていた疑惑が発生するなら
与えられた罪の重さが再検証されてもいいのではないか。

それで再検証された後に彼が実際に犯した犯罪の重さと重ねあわせ
その罪をできるだけ事実に近い認識の中で
償ってもらうことが必要だと思うのだが。

それをやってでも罪が変わらないのならそれでいい。
ただそういった詐称が関わった罪の作られ方をしたのなら
再検証は必ずやるべきだと思うのだが。

続きを読む "宮崎勤事件取材記者が真相告白!メディアで造られたオタクイメージ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンザニア大使が抗議!「ダーウィンの悪夢」アフリカのイメージ壊す

リンク: Yahoo!ニュース - スポーツ報知 - タンザニア大使が抗議!「ダーウィンの悪夢」アフリカのイメージ壊す.

以前に書いた
(写真付きのその2005/6/16の記事はココをクリックしたとこの少し上です)
  ドキュメンタリー映画が今月の23日から日本でも
公開されるようになったらしく驚いた。
それもタンザニア大使が抗議しているというニュースで。

正直このドキュメンタリーは衝撃的で滅多にやらない
”映画監督に直接メールをして感銘を伝える”という行動に出たらなんとほんとにすぐに返事が来て、それも連絡先のファイルまで付けて丁寧に日本とこの映画についてのコメントもくれた。この映画監督はマジだな、とさらに感動したものだ。

このニュースによるとこの映画はのちにも色々と賞を取り、フランスでは市民がこの魚をボイコットする運動に繋げたなどの社会的影響を与えたようだ。知らなかった。

でもこの中でしっかりと記録されている、衝撃映像は頭から離れない程事実の過激さを語っていた。

日本でも輸入されているナイルバーチという魚の
白身だけではなく粗も加工してさらに(日本も含む国に)売るために働いている市民の姿が凄い。
土の道路の上に無造作に工事現場で使う三輪車で
山積みにされていく大量の粗は
その量に人手が間に合わず腐って行き
その状態のままで山積みになっている。
その腐ってウジ虫だらけの魚の粗はぐちゃぐちゃに
なっていて、働く市民はその上を裸足で歩いて
ひとつづつ取り干し竿に置いていく。
腐った魚から発酵してでるアンモニア酸が
大事な靴をダメにしてしまうんだそうだ。
そして数人の働いている人の目も潰れている。

その腐った粗の部分から発しているアンモニアの毒ガスで失明してしまったという。裸足の足の指の間を行き来しているウジ虫。その状況はすさまじいってもんじゃない。

やっぱりナイルバーチがないと彼らの仕事もなくなり
寄付なんかも結局は偉い人たちのほうに優先されて行く事を考えるとナイルバーチビジネスはかなりの市民の生活を支えているし、急にボイコットされると生活の基盤の保証がされないうちは正直死に至ることになる市民もいるのかもしれない。実際、この仕事がなかったら犯罪に直接関わっていたかもしれない、というような意見もあったと思う。

この状況はニュースでも記してあるようにグローバリゼーションの問題だ、というのは明らか。
日常的な市民の生活状況と魚の関係が実は
日本、ロシア、戦争が深く関わった完全なる政治ビジネスという事実を記録した映像。

普通に観ても色いろと考えるし、学者がみても
この映像により建設的な政治分析のスキルを
学べてしまうという優れた映画だと思った。

続きを読む "タンザニア大使が抗議!「ダーウィンの悪夢」アフリカのイメージ壊す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ有名俳優/コメディアンの驚愕差別発言!

リンク: The Michael Richards Apology, With Bonus Tirade Remixes! - Defamer.

アメリカで家族がみんなでみるようなドラマ、
Seinfeldでレギュラーで多分10年以上出演していた
マイケル・リチャーズというコメディアン兼俳優。
アメリカ人でこのドラマを知らないひとはいないから
この人もみんな知ってるけどもこのドラマが数年前に終わってからは全く聞かなくなっていた。

そして久々に聞いたと思ったら彼の凄い人種差別の件についてだった。自身のコメディーライブで
急に黒人の観客に向かって強烈な差別発言をしてキレだした時の映像がある観客の携帯の録画機能で映されていてyoutubeでキャプション付きで流されてしまったのだった。


続きを読む "アメリカ有名俳優/コメディアンの驚愕差別発言!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »