« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

いつのまにか皆が良い成績って!

ああ、もうすぐ大学の授業も終わりです。
こっちは12月にはいるとあとは期末試験だけ、学期論文だけ、と大体なります。
そして一応授業を教えている人間のはしくれである私は
フと気がつきました。

ほとんどの生徒に90%以上の成績あげてるぜい・・・

まあ授業を休み続けたり、本を明らかに読んでいないやつらは
少数だし眼中ないのですが
しっかり本も読んで、授業内容も聞いていて
明らかに家で何時間も勉強している生徒達の
結果をちょっとしたことでAやらA+やらA-やらB+やら・・・って
こまか~く分けるのってだんだんバカらしくなってきてねえ。

こんほど勉強してきてて、こんなにできてればすごいじゃない!

こんなに勉強してきてて、これしかできなくても努力がスゴイじゃない!

みんなよくやってるなあ、すごいなあ、評価しちゃうなあ、
偉いなあ、これからもずっと応援するぞ~!!

って思ってたらみんな95,96,98,99.5、100、、、
という結果になってた!

でも成績ってこんなんでいいと思ってしまう。
ちょっとのことで点数おとしたりっていうよりも
ちょっとのことで点数上げたほうが意味がある!

そうやって学ぶのが楽しい!って思って行ってほしー。
私は日本の大学に行ったことはないのだけれど
日本の教育では学ぶのが楽しいと思ったことがなかったし
(私が単にそれほど勉強に興味がなかっただけかも)
まあどこでやっていようがみんながそれぞれスゴイ興味を持ち続けて
勉強も趣味のように感じて楽しんでくれれば
成績なんて意味ないんだろーなー。。。

というつぶやきです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育めぐり在日外国人会議/不就学やいじめ問題が浮上

リンク: 教育めぐり在日外国人会議/不就学やいじめ問題が浮上—四国新聞社.

こういう会議はどんどんやるべき。
やってもやりたいないだろうけども
日本人が進んでこういう機会を作っていかないと
始まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大戦末期に比で生体解剖/元海軍衛生兵が証言

リンク: 大戦末期に比で生体解剖/元海軍衛生兵が証言—四国新聞社.

勇気ある証言。フィリピンで人体解剖がされたと言われたのはこれが初めてらしい。84歳のこのかたは当時の仲間になぜ今更、と言われたようだが夢に見るなど苦しみ続け償いたいと思ったそうだ。これからも機会があれば色々なところでも話していって償って行きたい、という。是非彼を何らかの機会に呼んでお話して頂きたいと思う。

ちなみにこれ東京新聞でも載ってたのにリンクが消えてしまった。なぜだ。。。

続きを読む "大戦末期に比で生体解剖/元海軍衛生兵が証言"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生が安部総理にだした声明文、2日後に匿名人から脅迫めいた返事

リンク: 動画ニュース STV.

強引に勝手に可決された教育基本法。これに疑問を持った中学生が団体で安部総理に”反対の声明文”を送ったら二日後に匿名の大人から脅迫にも思える返事が来たそうだ。

二日後に匿名で返事が来る、って安部総理の周りの人たち、人動かすの手早そうですね。

とてもシステマチックに動いているとしか思えない。つまり、こういう時のための係りの人が存在するとしか思えません。

愛国心持ったっていいけどそれは個人の自由にさせて欲しい。それを法で強制するな、ってことです。

北海道のこの動画ニュース、かなり好感持った!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教授と大麻2: 女ばかりで

そういえばこんな事もありました。教授と大麻ネタ(苦笑)
思わずタイトルこんなのにしてしまいました。

日本ではもちろん違法で見つかったら人生かけてやり直さないと、という感じですが
前回も書いたように北米ではイワユルマリファナは普通の人なら特にパーティーとかで出てきて
出されればやろうか、という感じで大きくも取り上げられません。

それでもやっぱり違法の州では”私やってるよ”、なんて自分から話す人もいません。
暗黙の了解でやる人はやるし、やらない人はやらない、どっちでもいいでしょ、個人の責任だ、
という理解の仕方が主だと思います。

それで友人若手教授のHがこの前話してきました。女教授だけで3人で
その友人の家で食事会をしたそうです。もう一人の若手教授のLと
ベテラン教授のCと。

”ねーねー、この間ね、ちょっとびっくりしちゃって。
あのね、食事も終わって、3人でゴシップとか話してたのよ。
それでもうゆっくりしよう、って感じで話しながら
Lとアレを吸い出したのね。その時Cはトイレに行ってたんだけど。
それでトイレから戻ったからCに、コレどう?
って薦めたら、あ、私タバコ吸わないから、っていうから
違うよ、コレよ、と言ってLと笑ってたら
Cがやっと気づいたの。
そうしたらね、顔がいきなり豹変して、
”あ、あ、あ、私、もう、もう、帰らなきゃ!”
って言って荷物持ち始めちゃってさ。
Lと、どうしたの?何か用事あった?って言ったら
違う、その、あの、帰るから!と
ピューってすぐ玄関行って靴履いて帰っちゃった!”

私はおー、C教授は生真面目なところがあるのは
知ってたけどそういうときって大体自分は断って周りが吸ってる
のも気にしない、っていうのがほとんどなんだけどね。

Hが続けた。
”もう驚いたわよー。周りの人間がマリファナ吸ってるところに
居たくないみたいだったね。でも私たちスゴイ量を吸って
おかしくなってて、とかそういうんじゃなかったのよ。
吸い始めたばかりだしそれも少量だったし。
いつも吸ってるわけでもないからたまには、って感じだったのに。
もうピューっていなくなったからね。”

なかなかこういう行動を北米で聞くのも新鮮だ。
だからみんながみんな大丈夫、って訳でもないっていう証明にもなりますね。

でも正直マリファナすってる人の周りにいるのはお酒ですごく酔っ払っている人の
周りにいるのと同じくらい私は不快に思うことあります。
特に日本から来ていてマリファナやりたくてしょうがない若者達
がやってるのを見ていると呆れるし。こっちの人はリラックスしよう、って
感じの使い方が多いけどこの子達はおかしくなろう、ってやってるみたいで
見てて気持ち悪い。
やっぱりお酒だろうがなんだろうが相手の気持ちや量をわきまえることが大事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最悪教授1:大麻勧める

リンク: 大麻(マリファナ)について・・・横浜市衛生研究所.

以前も話したセクハラで前の大学を辞めさせられたが
コネで他の良い大学の学部長としてしっかり
ふつーに偉そうに働いている
白人のアジア系研究専門のおっさん教授。
この人はアル中(アルコール中毒)で朝の8時から
オフィスでビースを飲んでいるところも目撃されている。
それに最低でも3人の学生と性的関係を持っていたこともしられている。

もう何度も話してるんだけど私の面倒くさがりな
ところからリンク省いてます。だからこれからはタイトルに数字を持ってきてみます。

最近真面目で信頼できる友人から聞いたこと。
この友人は人が良く、とっても大人で大学教授陣が
嫌がって頼んでくることを全てやってあげたりする。
それも普通教授がお金を払って雇ってさせることも
無料でやったりして。結局自分のやりたいこととは違う、ということで大学から離れた人。でもこの友人の指導教官他からも何度も止められ”大学に残るように思い直してくれて”と頼まれたりするほどの優秀さ。というか人格者でもある。

この友人と久しぶりにあって、この最悪学長の話になった。この学長は自分よりも10歳以上年配の男性教授に向かって”シャラップ!”と失礼きわまりない態度で接したりする、と私が話していた。何様だ!という話だけどもコイツがアル中だということは私達のなかでは承知の上なので、”出たよ〜”という言動の一つ。

そしたら人格者の友人が
”そういえば、以前、学部のパーティーに行ったんだよ。そしたらさ、大学とは全く関係ない、あの教授の友人、っていうのが来ててさ。誰も知らない、なんの友人だかも知らない人だけど途中でこの二人がちょっとベランダに行って風に当たってくる、って行ったらベランダから普通にマリファナの強い匂いがしてくるんだよ(苦笑)もうバレバレもいいとこなんだけどねえ。しまいには他の学生にも”吸う?”なんて言って勧めてたし(苦笑)。ちょっとこれはねえ。。。”

・・・・以前書いたけども北米の大学では賞をもらう世界的に有名な学者から仕事が全くできない駄目人間までマリファナは愛用されている。一般の人ならまだ驚かないけども特に権威のある人が公共の場でそれをやるのはかなり危険な行為であって許される事ではないのだけど。北米でも州によっては許されているところもあるけどもこの教授のいるところは病気で医者の許可があるものだけが吸って良い事になっている。だから違法行為であるのはもちろんだ。

まだ個人宅や友人のなかだけでなら驚かないけども
大学の集まりでいろんな学生がいるなかで吸って、
さらに勧めるのはアホとしかいいようがないー。

こんな教授はいらない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学への復讐

ちょっと思い出した。友人Gのこと。
彼は私よりちょっと年上のアメリカ人で
音楽の趣味が同じて良くパンクのライブにも一緒に行った。
彼はゲイでセクシュアリティーの話も良くした。

このGはいつもいつも文句ばかり言ってる。
それもユーモアを入れて話すので結構面白い。
あまり話しすぎるときはもういいから、と制したりもするんだけども
これまた大学の文句が半端じゃない。

授業に対すること、教授に対する事最後には国にも繋げて延々と
何度も同じ文句を言っている。

嫌な教授には会えば会う程嫌な気分にさらになり
また文句も増えるんだけどGの指導教官が嫌なやつだったから
文句もなかなか終わらない。
Gは仕事を始めたけども仕事の場も同じ学部なんだから
嫌な人、嫌な事に囲まれていてとてもアンハッピーだった。

そんなある時、私が大学に遅くまで残っていたときの事。
自分のメールボックスをチェックしにオフィスの鍵を持って
入ろうとしたら暗い廊下にGが歩いてくるのが見えた。

なんか気まずそうに苦笑いをして寄ってきた。
”あんたなにやってんの、こんな時間に?”
”おまえこそなにやってんの”
”今まで仕事しててさ、メールボックスチェックするんだよ”
”いやあ、あのあまり大きな声では言えないんだけどね。。。”
Gが小さい声で説明しだした。

”実はさ、トイレからこれ持ってきたんだよ”
と、直径30CMはあるでかくて丸いトイレットペーパーを
リュックから出してきた!
普通の市民が使うトイレットペーパーではなく、
公共の大きなトイレて使うどでかいトイレットペーパーを
ちょうだいしてきたらしい。

えー?そんなでかいのに持って行くかー?と
驚いていると
”だって授業料だとか税金だとか換算すると凄いかね取られてるんだよ。
これぐらいやって返してもらわないと損でしょ。これでも全然足りないけどね!”

と言っていた。私は思いもつかないものがリュックに入っているのを
考え結構爆笑してしまった。

そんなGも今は近所の他の大学で働いている。というか
私も働いている場所で偶然会ってしまった。

根が正直ですぐイライラするタイプで
ちょっと付き合いづらいところもあり長い事
会ってなかったんだけど今は大学も変えて幸せそうだ。

もうトイレットペーパー盗まないですんでるんだろうか。
彼の幸せも願ってやまないー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅総務相、NHK会長呼び放送命令�-�社会

リンク: asahi.com:菅総務相、NHK会長呼び放送命令-社会.

なんすか、コレ〜!
メディアのコントロールじゃないのおっ!
それもとっても政治的なやつ。
国が命令してメディアをコントロール、っていうのはね、

プロパガンダ

っていうのよっ!!
もう、北朝鮮との戦争を始める
準備の”ステップ1”としてるんじゃないのかね。

わかる人はわかるんだぞお〜。

NHKは以前から政府と繋がってると言われているけど
橋本会長は”自主自律を貫く”と言ってるよう。
橋本会長の政治的興味の背景とか全く知らないけども
その自律ってどんなものかによるよね。

多分アベ氏の方角(東、西、右、左...最後は冗談)
から話が来てるんだろうけども。

あ、あと拉致被害者なんちゃらかんちゃらっていう
団体。一人の被害者のお兄さん、かなり力入れて
”ライト”活動しているようだもんね。

北朝鮮制裁!って言ったって、結局一番悪いやつらは
どんなことされても毎晩ごちそうを食べて、
金でできたトイレで汚物だして
な〜んの影響もなかったりするんだよね。

一番影響が起きてるのはなんの罪も無い
一般の人たちだと思う。それをなんちゃら団体の
メンバーたちはわかってるんだろうか。

全く、最低でもプロパガンダはやめようぜーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞 - 米中間選挙、民主党が上院も逆転視野に

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 米中間選挙、民主党が上院も逆転視野に.

ああ・・・やっとかよ。。。
この12年は長かったー・・・
北米で住むものにとって色々なことが起こったこの
12年。それを共和党の大きな力の傘下で
社会が動くのを感じて来た。
9/11だって、イラク攻撃だって、
日本の小泉による日本人犠牲者放り出し事件だって、
全部共和党が力を出してきて起こりえたことだったとも
言えると思う。

クリントン、ケリー、そしていまはヒラリーも
でてきて今までなかなか力を出せないでいたものも
やっとのことでジワジワと勢力を見せて来た感じだ。

この12年は本当に長かった。
わたしも12歳も年とっちゃったじゃないか!
んでまだこんなところにいるし!
日本はアメリカの民主党勢力の影響で
多少はマシな方向に向かってくれないかなー
と願うばかりである。

以下ヤフーニュースより引用:
ラムズフェルド国防長官が辞任

米大統領選に影響を与える中間選挙

                                       
       
      
            

              11月7日に米国で中間選挙が行われます。上下両院の選挙結果は、2008年に実施される大統領選挙の行方を左右するといわれています。

            

            
            


              ブッシュ大統領の与党・共和党は、テロとの戦いを掲げ前回の選挙に勝利しました。しかし、イラク戦争の泥沼化による米兵死者の増加などで、今回は苦戦が伝えられています。


            


            

 

写真






Photo

Photo

Photo

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あーあ、それじゃ信憑性台無しじゃん・・・

リンク: asahi.com:「超能力少年」清田容疑者ら逮捕 大麻取締法違反の疑い�-�社会.

清田君にはずっとがんばって続けて欲しかった。。。
途中ヘビメタだかパンクにのめりこんでたようで
テレビで奇天烈な格好をしてちょっと親近感?を持ったものだ。

だけど大麻とかやってた、とわかった今じゃ
超能力じゃなくて夢見てたんだろ、って言われちゃうよ。

ちゃんとしたプロはそういうことも考えて(超能力者のプロ?)
言動してほしかったなあ。それとも今の社会で超能力者のプロ意識を
問うことのほうが間違ってるのかな。
プロになれるだけの社会的ステイタスは設立されてないのかも。
超能力で食べていかれず、落ち込んでて高揚するために
薬に手をだしたならバイトでもなんでも増やしていこうぜい。。。

でも超能力活動はやめずに続けて欲しいけど。
今度ロシアに超能力留学、とか行ってハク付けて戻ってくるのが手っ取り早いのかな。。。
(筋肉留学ーなかやまきんに君ー、とかあるし!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »