« Youtubeで動画が観られます♪ | トップページ | あーあ、それじゃ信憑性台無しじゃん・・・ »

心の病気を持つある大学教師の信じられないミス

以前に書いた事のある心の病気を持っている上司のおばちゃん。
今はあまり会ってないのだけども病気はひどくなっている様子。

先日このおばちゃんが自分で作りたいから!といつも独断で作る
中間試験の用紙を試験が始まる頃になっても用意できてなかった。。。

試験は10時半からで上司は9時半から学部に来ているのに
試験の用紙があるべきところにない。
メールもメモも電話も全てチェックしたがどこにも連絡は来ていないし

本人は11時半まで授業を受け持っている時だった。

先学期も上司が用意したいから、と言ったものが
授業が始まっても用意できず、学生と一緒に一時間ほど
待った事があった。今回もか、だけど試験用紙ができてなくて
試験ができない、というのは前代未聞じゃないのか?と
私も焦り、お偉いさんに相談しにいった。

お偉いさん:う〜ん、何を言ったらいいかわからないが
先学期の試験をまだ持ってるならそれをコピーして学生に受けさせたら?

と言われ、そうした。もう試験が始まる30分前だし生徒も
待っていた。ただ先学期の試験がある、と言っても使用済みの試験用紙
ばかりで
余った用紙はなかったし、全部消して乾かしてコピーする時間も
なかったので”既に答えが載っていて点数も付いてある使用済みの
生徒の回答付き試験用紙”をコピーして、その上から
赤ペンで書く、というやりかたで使用する事にした。

ちなみに幸いなことにこの試験は生徒一人一人と会って教師
だけが試験用紙を使って生徒のできをチェックする、というものだった。
だから生徒側にはその用紙が使用済みのものだとはわからないまま
使えた。

 

だけども正直焦って、この焦りが学生にも伝わってしまったと思う。

でも学生には”試験が用意されてない”とは言わず
なんかやっぱり学生も可哀想だなあ、と思った次第。

一時間半過ぎに上司が新しい試験用紙を持って
”ごめんね、本当にごめん。見やすいように試験用紙を書き直してたの。
もう前回の使ったの?だったらこれはいらない?そう、ほんとうにごめんね。”

と平謝り。当たり前だ。でも言っても治らないしそこで怒っても意味が無い。だけどもう二度とごめんだ、ということで

”...これからは最低でも前日までには用意できるようにしてもらえないとこっちも準備もあるし困るので。。。”と伝えた。

”そうね、わかったわ。ほんとうにごめんね。・・・だけどあなたも
そそっかしいところがあるからおかしいわ。フフフ”

とか言い出した!

逆切れ、ではなく、逆笑い、とでもいおうか。
自分のミスはそれほど重くないわ、
誰でもミスはあるでしょ、みたいな、自分の大きなミスを強引に平等化、平均化
させようとしている態度が垣間見えた!!

 

ふざけんなよ〜、おばちゃん!!
そそっかしいところがあってもなあ、おめーさんのように

数十人に迷惑のかかるようなことはしたことがねえんだよ!!
というか、試験が始まってから1時間半経ってから
試験用紙を持ってくる、とはお前責任の重さ、わかってねえだろうがあ!!

と、思ったけども心の病気の方を扱うのは怖いのでここは押さえた。

こんな先生の上の人ももうあきらめている感じがあり
いちいち文句を言いに言ってくれない。

もう疲れたー。と思ったら病気のおばちゃん上司は
来学期は”病気休み”を取るため
働かないそうだ。これは他の先生から聞いたんだけども。
当人のおばちゃんは”そうそう、2年前からずっと取れてなかった休暇
分のお休みをやっと取る事にしたのよ〜ニコ!”と
笑って話していたのが痛々しかった...

ほんと、大学には色々な人がいるもんだ。。。

|

« Youtubeで動画が観られます♪ | トップページ | あーあ、それじゃ信憑性台無しじゃん・・・ »

大学で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の病気を持つある大学教師の信じられないミス:

« Youtubeで動画が観られます♪ | トップページ | あーあ、それじゃ信憑性台無しじゃん・・・ »