« 跡見学園大学の白人親父教授逮捕! | トップページ | 着々と進んでいる教授の院生追い出し作戦 »

韓国映画:王の男

リンク: 王の男.

Top とうとう今月の東京国際映画祭で上映されるようです。
12月に一般上映も決定したそうですね。
韓国では4人に一人が観た、という映画。
韓国でセールス一番!となっていたのは
実はこの最近の映画、ホスト が始まるまでは、
ということだったらしく、もう2番になってしまいましたが。
でもいわゆる大金を使った映画でもなくCG(コンピューターグラフィック)を使った技術もなく
ここまで売れたのは韓国メディアも驚いているそう。
この物語は劇場で数年続けて上演されていたようで
映画もそのままの劇場俳優を使っているそうで
有名、ハンサム俳優ナシでここまで売れたというところも映画内容のすばらしさを証明しているようだ。

とにかく俳優さんの演技がうまい!
この画像の3人はもちろんそれぞれ違った味をだしていて
貫禄、迫力、しなやかさ、せつなさなど。。。

でも一番頭に残ったのはこの王様役の人。
なぜならキャラが激しいだけに凄いし怖い。

この3人の俳優さんたちが大人気になって行くのは想像できる。
今は一体どういう活躍をしているのだろうか。気になる。

この中で一番良かったのは男性二人が愛の言葉や気持ちを直接は
表現しないのに手に取るようにわかるところ。
こういうのはきっと今もあるだろうけど
あの時代(1000年ごろ)のああいった状況を
考えると重みを感じられる。

この王様が書いた日記が残っているらしいから
是非読んでみたいと思いました。

 


|

« 跡見学園大学の白人親父教授逮捕! | トップページ | 着々と進んでいる教授の院生追い出し作戦 »

「映画:日本含むアジアもの」カテゴリの記事

コメント

 いつか挨拶をしないと思いながら、なかなかできなくて、記事にかこつけて挨拶にこぎ着けられました(^_^;
 ということですので、覚えていただいてくれただけでも満足しておりますので、コメントは、いつでも構いませんよ(^-^)

投稿: GK68 | 2006/10/13 14:11

GK68さん、お久しぶりです。ご訪問ありがとう。ちょっと私も書きたい記事もたまっている状態なのでしばらくたってしまうかもしれませんが是非コメントさせて頂きたいと思ってます。復活おめでとうございます!

投稿: flowfree | 2006/10/12 23:54

 お久しぶりです(^_^;
 インリン・オブ・ジョイトイさんがブログを立ち上げて、彼女の反戦記事にTBを送ってしまったばっかりに、しばらくブログを閉鎖せざる得なかったのですが、ふたたび復活しました。
 この記事とは関係のないコメントなのですが、お願いがあります。下記記事を読んでいただき、できましたら正直なところのコメントをいただけないでしょうか。お暇なときで構いません。よろしくお願いいたします
http://redpepper.korekore.org/000357.html

投稿: GK68 | 2006/10/12 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71608/3767752

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画:王の男:

« 跡見学園大学の白人親父教授逮捕! | トップページ | 着々と進んでいる教授の院生追い出し作戦 »