« 甘く、殺伐とした恋人 My Scary Girl | トップページ | 第19回東京国際映画祭 台湾映画:一年の初め »

人間味のある人との出会い

男性雑誌の記者だったという女性が大学院に入って来た。
かな〜り年上の女性なんだけどもおっとりした感じで
まさか”アノ”雑誌で働いていた、なんて想像できない。
きっとそれでも上の人に女らしいから好かれてた人なんだろうと
思っていた。話し方も凄い上品だ。

この女性と会って一年くらいたってから始めて
話をした。それもちょっとした偶然からだった。
かなり優しくしてくれたので次に会った時にお礼
をして、締め切りや酒飲みの話になり、
ついでに彼女の雑誌の話になったので
私のジャーなりズムに対しての熱い思いを伝えてみた!

”私、ジャーナリストのXXXXさんのファンでね、
あの人のやり方好きなんですよねえ”

というと

”あら、あの人だったら新宿の000で会った事あるわよ・・・”

”あ、知ってる、000でしょ?あそこに蔓延ってるらしいですよね”

”そうそう”

とニコニコと話してくれた。

そんなちょっとした話と、彼女の現在の仕事の状況がちょっと
普通と違ったので色々と話したのだった。

それから一週間、顔を合わせたら
”あらあ〜、今日も来てるわねー。良かった、嬉しいわー!”
なんて私の存在をおもしろがってくれたようで笑っていた(爆)

”いやあ、私今度一緒にお食事でも行きたいな、って思ってるんですよ”というと

”あら、いいわよ、ぜひぜひ”と言ってくれた。

そしたら彼女は凄い”ザル”だそう。お酒はそれほど飲めないけども
彼女とだったらがんばってみたいもんだ。

後ほどまた会ったので同じ学部でゲイの友人Nとその女性とで3人で話していた。それも彼女の暴走で全て性のはなし。彼女のアイデアで
立ち上げた雑誌の性の特集など。女性の名器の話。男性器の真珠と女性の名器の話。

ゲイのNは知らないだろうけど。。。と一生懸命女性の名器の説明を私と彼女でする(笑)私としては膣の中はこうで・・・と話しながらも、
(お尻の穴だってこうだ、って言いたいけど嫌な気分にさせたら悪いーだってゲイでもお尻の穴使う人もいれば使わない人もいるしね)と思い、
”膣だって腸だって中の色とか感触は基本的に変わらないと思うけど”
なんて意味があってるのか間違ってるのかわからないコメントを言ってみた。

この女性は日本の男性とのおつきあいと日本男性のつき合い方の傾向も話してくれた。なんと、かなりの有名人とも付き合いがあったようで。。。
現在彼女は日本人ではない男性と結婚しているんだけどそれも今までの日本人男性とは全く違うタイプが現れたから結婚したそうでなかなか面白い意見だった。

正直女性で色々話す相手はいてもほとんどがどの内容がプライベートなものでそうでないか、と判断できない。プライベートなものは自然に他に話してはいけないことなのだけど(もちろん恋人にも)それができない人が多すぎる。だから基本的に信用できない人には自分の大事なことは話さないのだけどこの女性は話せると判断できた。聞いてみるとやっぱり雑誌記者はそこらへんも仕事の一部なのでしっかりしていないといけないようだし。(口をすべられ地位も名誉もなくす人っているもんね)

今度是非うちに呼んで私のジャーナリズム・ヲタ振りを披露したいものだけども何せ部屋が狭い。どうしよう。とにかく彼女ともっともっとお話したい。これからが楽しみだ!

|

« 甘く、殺伐とした恋人 My Scary Girl | トップページ | 第19回東京国際映画祭 台湾映画:一年の初め »

大学で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間味のある人との出会い:

« 甘く、殺伐とした恋人 My Scary Girl | トップページ | 第19回東京国際映画祭 台湾映画:一年の初め »