« お祝いアレルギー | トップページ | 呪い屋の存在 »

高校の時はエア・ギターしまくりでした

リンク: Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ - 「ダイノジ」おおちがエアギター世界一.

フィンランド時間で八日に行われた
エア・ギター世界選手権で日本の芸人さんが
一位に。やっぱり芸が冴えてるってことなんでしょうねえ。

ココ でその世界選手権で世界一にをなったおおちさんの
パフォーマンスが見られます。

(*審査員の最後から2番目がフィンランドのデスメタルバンドのSentenced_1
メンバーのような気がするのですが・・・検索してもわかりません。
フィンランドといえばデスメタル、ゴシックメタル、という
のが当然、と言える中、彼らのうちの一人が選ばれても全く
不思議じゃありません。でも元のサイトにも載ってなかった・・・
最後から2番目の人なんですが・・・シナジーのメンバーかな?

と思ったら判明!去年解散したフィンランドのゴシック、デスバンド

Sentenced のギターでした!見つけられて感動してしまった)

もう大昔になりますが・・・
知る人ぞ知る、新宿にあった
ツバキハウスというディスコで
ヘビメタ、ハードロック、スラッシュメタル
をバックにエア・ギターやりまくってましたねえ。

っつうかそういう音楽が好きな人は
腰を動かして踊る、というナンパなノリ方が不可能なので
硬派なノリ方(なのか?)の下向いて頭ふってヘッドバングしながら
エア・ギターをするしかなかったんです。

一曲が流れるとそのバンドが大好きな人が
一番前に行き、ボーカル、ギター、ベース、ドラム、と
好きなメンバーのまねをして他の客と向かい合うように
それぞれエアーをするんです。
単にその曲でノリたい人は物まね?の人たちと向かい合って
それぞれ列を作り下を向いてエアギターです。

17歳くらいが一番はまっていたかな。
きれいなかわいこちゃん(死語?)も
列にならんでエア・ギターしまくりでした。

当時は他の人にそれをいうと、
コワ〜イ、
きもちわる〜い、
不気味〜
と言われましたがそこまで思われても
みんなで並んでやれば怖くない、という感じだったし
なによりも世間的には嫌がられる音楽をこういう隠れたとこで
一人っきりで酔いしれて楽しむ場所があるのがちょっと嬉しかった。
かっこいい男女、そうでもない男女、老若男女が
明るく酔いしれてました。

そういえばエアギターをミッキーマウスの人形でやっている
お姉さんがいたなあ。いつも一人でミッキーと踊りにきてたっけ。
一度そのお姉さんが白人の男にナンパされていて、
ロッカーに荷物を置きに行ったらそのお姉さんのロッカー番号が
69で、白人がやたら笑っていたのを覚えています。

そういえば妹に
”そんなうるさい音楽でどうやって踊るのー?”
と聞かれるたび、エアギターをやってあげると
”ぷぷぷ”と笑われているのに笑わせているようにも思え
一発芸のように勘違いしていたこともありました。
だって他の人にやるとかなり引かれましたから。

でもやっぱり日本の芸人さんが
1位になるってことはちゃんとした芸になってるんだな、
と納得しました。
そしてエアギターが日本のメディアでこれだけ受け入れられてる
様を見て、そしてこの優勝者のおおちさんが
クイーンのブライアン・メイから賞品をもらったと聞き
(クイーンはツバキハウスでいつもかかってました)、
いやあ、社会は変わるもんだ、とこれまた
感慨深くなった次第です。。。。

|

« お祝いアレルギー | トップページ | 呪い屋の存在 »

music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校の時はエア・ギターしまくりでした:

« お祝いアレルギー | トップページ | 呪い屋の存在 »