« 映画監督の今村昌平さん死去 | トップページ | <宮崎勤死刑囚>月刊誌「創」に手紙 「死刑は薬で」 »

海外日本企業の怠慢さ

海外の私の町に某新宗教が経営している古本屋が出来た。
そして日本の世間を騒がしている某なんちゃらドアの
事件に関わっているという噂のエイチなんちゃらかんちゃらという
旅行会社も出来た。
今日は二つとも寄る事になって行って来た。そして考えさせられた。

やっぱり宗教でできているお店はな~ぜ~か~
マナーがいい。言葉使いや挨拶や誰にでも
気持ちよく接してくれるし女性もそれなりの上の立場に
あったりもするのがまた興味深い。
この傾向は某新宗教がやっていた日本食品屋にも通じていて
マナーや行動のコントロールがなされている、と言ったらいいのかな。
これはかなり共通していて
外国で特に日本人に”年齢不詳の正体不明”に見られる私は
とても気持ちよくお店に行けて出られる。

でも他の日本人スタッフのいる店はレストランも含め
学生だ、若い、と思うと態度が甘くなり挨拶もしてくれないことが多いってもんじゃない。
レストランでは中年女性や男性を見てはいらっしゃいませ、とニコニコ顔でしっかりいうのに
正体不明の私のようなものには無視は当たり前。
あるレストランではナプキンや箸を投げられたり。
あるものを頼んだら
”それは時間がかかりますよ。もっと速くできるものにしたらどうですか!”
と言われる始末。お店は開いたばかりで閉まるまでにも数時間ある。
苦笑して、いや、時間かかってもいいんです、というしかない。
その後50代の友人と行ったら話され方も違うしナプキンも投げられなかった(笑)

上の旅行会社も他でもなく、挨拶ナシでスタッフ同士で話をしているし
私の相手をしている間にもきっと会社のポリシーなんだろうが
何度も電話に出る。だから私との話しがなかなか終わらない。
帰りには若い女性がありがとうございました~と言うと他の
ものも思い出したように言う。
お店に入ったときは誰一人いらっしゃいませ、こんにちは、を言わず、
”・・・こちらへどうぞー”と座るよう言われたので
”こんにちは”と私が言うと”・・・こんにちは”と言った。
その後子連れの親子が来たら男性スタッフもみんなで
いらっしゃいませ~。ときたもんだ!!

日本人ってほんと当てにならない、嫌な人間が多いなあ~と
海外でよく思う。特に中途半端な企業、そういう態度でも客が来るから
態度を正すこともないようだ。やっぱり日本企業だろうが、
在日韓国人経営だろうが、北米人経営だろうが、新宗教経営だろうが
マナーの良いところに行きたくなる。

もしアナタが”中年女性・中年男性”以上の年齢と思われない容姿をしているなら
海外では日本企業はお勧めではありません。

(*ちなみに仲のいい中年女性と言われる友人といると
レストランではその日にある寿司のネタの種類も変化しますよ)

言っていいこと、悪いこと―日本人のこころの「結界」 言っていいこと、悪いこと―日本人のこころの「結界」

著者:永 六輔
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 映画監督の今村昌平さん死去 | トップページ | <宮崎勤死刑囚>月刊誌「創」に手紙 「死刑は薬で」 »

海外暮らし」カテゴリの記事

コメント

大統領、いやあ、私も実はそう感じる事がありました。新宗教の方たちはあれほどコントロール?されているのに比べ文化に宗教(儒教ね)の影響が入っている程度では明らかな違いはでないのかなあ、なんて。でも儒教の勉強不足な私としてはその論理に当てはまっているのかなあ、とかフと思ったりしてました。相手によって観念や態度を変えるっていうのが当然のようにまかり通っている感じがやっぱり東アジア系の文化に感じますね。その点北米の方たちやヨーロッパでも誰にでもサービス悪いか(笑)良いか、って態度を良く感じるのは事実ですねえ。

投稿: flowfree | 2006/06/10 23:54

 お邪魔しちゃいます♪

 お客さんの身なり、服装、年齢、性差などで接客態度を変えるお店はNG(笑)
 ありますよネ・・・。
 一見さんにはむちゃ冷たいお店(爆)
 あくまでも印象なのですが、
 相手の属性によって態度を変える人々は儒教倫理が根強い社会に顕著なのかも?
 中国、台湾、韓国、日本・・・?
 もちろん欧米社会にも確認できるのでしょうが。

投稿: 大統領 | 2006/06/10 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外日本企業の怠慢さ:

« 映画監督の今村昌平さん死去 | トップページ | <宮崎勤死刑囚>月刊誌「創」に手紙 「死刑は薬で」 »