« 主義として語りたいポリセクシャリティー | トップページ | ゲイの大物歌手熱愛か・どっちにしろ応援します! »

日常に起きる教育への疑問と計画的反抗の影響

引っ越したこの地域はアーティストとか
ヒッピーとかレズビアンが多く住んでるんだけど
(ゲイは金持ち地域に住んでるのでここら辺は違う)
他にはアーティストってことでミュージシャンも多い。
もちろん、私の好きな種類のミュージシャンだったりする。

んで今はネットのアクセスをまだ入れてないので
歩いて2分のカフェで無料ワイヤレスを使ってるんだけど
そしたらなんと以前ココにも書いたことのある (それか他だったかな)
デス・メタル好きの生徒が仲間とカフェに!

おー、と向こうも気づき私が
”元気?ここら辺に住んでるの?”と聞いたら、ニコッと笑い
”ちょっと行った向こうの方”と言ってた。
そうなんだ、と言ってコーヒーをオーダーしてたんだけど
”はっ!”
と気づいた。

確か、この子授業中は割とできるほうだったのに
期末試験では半分以下とっちゃったから
上司のおばちゃんが私に
”落とそうかどうか後で決めるから成績表くれる時ちゃんと記しつけておいてね。”
って言ってたこ。

そこでおばちゃんの成績の付け方に疑問がある私は
しっかりと記しを付けずに成績表を送った。

でももしおばちゃんが覚えてたり機嫌悪かったら落とされてたかもしれない。このデス兄ちゃん、一体パス出来たのか、どうか・・・

もし落とされてたのなら恨まれてるかもしれない。
そしたらきまづい。
でもニコッとしてるからパスできたのかもしれない。
でも私みたいにすぐ成績チェックしてないだけかもしれない。

本人に”パスできたの?あんた、危なかったんだよ”
と聞きたくなったけど
周りにお仲間いるし、もし成績チェックしてないなら
ビビるかもしれない。

と色々とコーヒーを待っている間に試行錯誤して
結局何も言わずにコーヒーをもらいに ネットサーフィン
し始めた、というところだ。

そしてちょっとしたら視線を感じたー
兄ちゃん店出るので気づくまでこっちみて待っててくれたよ。
可愛いねえ。妹がいて仲がいい、って言ってたから
なんか優しいんだろうな。
そういえば日本の激しいバンドとか面白いバンドが好きで
ラルクアンシェルの兄妹バンドのなんちゃら、っていう
日本のバンドを一度聞かせてくれたよ。

こういう人にはもっと頑張ってもらいたいね。
なかなか良い事がまたあった一日。
なんか色々な人がいるこの地域気に入ってきたよ。

Book 現代教育の常識を疑う―混迷する教育の疑問に答える

著者:小宮山 博仁
販売元:新評論
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 主義として語りたいポリセクシャリティー | トップページ | ゲイの大物歌手熱愛か・どっちにしろ応援します! »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常に起きる教育への疑問と計画的反抗の影響:

« 主義として語りたいポリセクシャリティー | トップページ | ゲイの大物歌手熱愛か・どっちにしろ応援します! »