« 熟女のエロティシズム・・・ なのかもしれないが。 | トップページ | ポルノとフェミニズム その1 »

アニメと人権

うーん、とっても観てよかった!と思えた、
If You were Me : Anima Vision
という、このアニメ作品の集まりはスゴイ。

韓国の国家人権委員会のプロジェクトとは思えないほどの
とても観やすい、家で家族や友人と見れる作品。
それぞれ10分で物語もほとんどが会話のない、ほとんどが優しいイメージのもの。
小さい頃にみたアニメを思い出す作品もある。
観てて気持ちが動いた。芸術的にも個性があって多才なのがわかる。


特にそう思ったのがAmy Leeという監督のThe Flesh and Boneという作品。
この作品の画質だけが結構ドキッとするかもしれない。
内容は自分の先祖から受け継いできた頭、手足、顔などの”見かけ”の受け入れられ方が
代々変わってくる、というもの。美の基準を問うやり方としてかなりかっこいい複雑な
グラフィックを使う。これは凄く気に入った。欲しいー。


Be a Human Being
この作品はPark Jae-Dongという韓国でラディカルなアニメ作りといえばこのヒト!という位有名らしい。動物が高校生として学んでいる。先生に体罰を受けながら早く人間になれ、言い返したいなら人間になってからにしろ、と言われる。そう人間の父親にも言われて育った優しいゴリラはその優しさからか、クラスで一番初めに人間になった。クラスメイトにも祝福される。
しかし先生も父親もゴリラに戻れ、という。どうしてか、というと・・・(ここからネタバレ、って書いちゃいます)。どーせ大学に入らないと人間という扱いをされないからだ、と。先生も父親もそれがお前のためだ、という。息子は人間である父親は大学に行ってないのに、と思っていたら、父親は人間の顔のマスクをはずしゴリラの正体を見せ、実は父親はまだ人間になっていない、ということを泣きながら告白した。同窓会に行っても人間扱いをされないから、と人間のマスクをかぶり、人間のふりをしていたのだ。 

”大学を行った者だけが人間という扱いをされる社会” これを人権委員会が選んだの、偉い!!良くやった!!と思う。こういう意識、ある程度日本でも欧米でもあっても、
国家委員会が勧める、というのはほかにあるだろうか。韓国は人権意識がより強いのかもしれない。


Day Dream 
生まれつき左手と両足が他の子と違う形の女の子とそのお父さんのお話。二人で昼寝をしてるとお父さんは女の子が幼稚園に行こうとしても、タクシーに乗ろうとしても拒否されてしまう夢ばかり見る。最後に似たような状態の子供たちの実写の様子が写る。
これは教育にいいのだろう。あまりにもまわりがネガティブなリアクションを女の子に対してするがそれが事実なのか、事実だからいいのか、どうなのか。小学生のころそういえば道徳の授業でNHKでイジメとか喧嘩とかのドラマを見せられて先生と話す、とかあったが結構ありがちな話で何を話したのかは覚えてないが、”わざわざみんなにみせて話しても実際には使えないだろー”という印象だけ残っている。皮肉なものだ。ネガティブな部分ばかりでなく、こうやって受け入れましょう、という例も入れたら戸惑うヒトにいいんじゃないか、とも思う。


At Her House
これは働いているけど明るい旦那、赤ちゃんそして働いているのに家のことは全部やらされていて疲れている奥さんのアニメ。何が良かったかというと、良く奥さんが全てやっていて、旦那に不満、っていうと口げんかとか、旦那が暴力、とかとってもネガティブな関係が描かれやすいが、これは旦那が能天気で奥さんの苦労に気づいてるのか、気づいていないのか、のほほーん、と楽しそうで奥さんにもキスをする旦那。(非協力的で無責任なパートナーと言っても実際は様々で乱暴で暴力的な人もいれば一見優しそうだが自分勝手で楽天家というのもいる)奥さんは結局最後は子供をつれて一人立ちするイメージが出ていた。良かった良かった。こういう男性には何を言っても無駄、という感じだ。そうそう、怒るエネルギーも一人立ちのエネルギーに使ったほうがいいよね。


Bicycle Trip
これは韓国の中で差別されている(たしかイラン人)アジア系外国人男性の話。
仕事場で体の色で差別をされる。自転車にのっていても
まわりに気づかれないように、気づかれないほうがいい、という気持ちになっている。
それで透明人間のようになっているんだと思う。
最後は恋人に”どうみられたっていいじゃない、楽しもう”
と言われて透明ではなくなっていた。うれしそうに二人で自転車に乗っていた。

んー、以上のこれらの作品は売っているようだがわざわざ買わないと観れないかもしれない。
それでも記事にしようと思ったのはこれは韓国の人権やアニメ業界があまり
知られてなかったり、学べる機会がないから自分にとっても忘れないよう
記事を残しておこう、と思った次第。韓国では”女性とジェンダー省”のような
政府のセクションが存在し(英語ではMinistry of Gender Equality直訳すれば性平等省かなー英語の部分クリックでサイトに飛びます)、女性だけの映画祭などを主催している。
そこでは世界の映画はもちろん、クイアの女性(他の映画祭では男性も)監督も応援されていて
知人もかなり招待されたりして参加している。
韓国は映画が熱い!のである。香港もそうだ、って書いたけど
韓国は国費を使って、国の税金を使ってやってるのだから規模が違う。
役人がこれらの仕事をしてるのだから。

日本でもぴあ映画祭とかはどういったアニメとか紹介してるんだろうか。
良く知らないが、これらの作品の存在(できる)の意味をもっと考えて行きたいと思った。

|

« 熟女のエロティシズム・・・ なのかもしれないが。 | トップページ | ポルノとフェミニズム その1 »

未分類」カテゴリの記事

コメント

以下のリンクでシリーズ本のサイトの”フリークス”にいけます。
http://www.researchpubs.com/books/freakprod.shtml
http://www.researchpubs.com/books/freakexc2.shtml
初め知った時は日本でこれほど内容が充実した本(写真なども)ないようだったし自分も言葉わからくてもまず買ってしまいました。言葉は趣味から入ったほうが自分には良かったです。”勉強”にしちゃうと何事も入ってこないんですよ。

投稿: flowfree | 2005/09/26 15:13

Re/Search、1冊持ってたような気がする。あれはどこに行ったんだろ?(←なくしてる?)
ひょっとしたら違うタイトルかもしれないけど、アメリカさんの本はありましたねぇ。でも英語だったんで、ちゃんと読んでなくて、中身は解ってないです。やっぱり英語くらいはもう少し勉強しようっと。

投稿: umepochisky | 2005/09/26 09:30

ウメポチさん。アニメの色使いも文化でますよね。東欧の色使いが暗い、とは知らなかったです。見てみたい。”フリークス”興味ありますか。それではRe/Searchという雑誌はご存知で?アメリカのですが、以前自分がウメポチさんのコメで書いたことのある青山SM店でも置いてあったと思う雑誌ですが”フリークス”などのサブカル現象を学問的にも研究している本で、これが実は自分が人類学を学ぶ一つのきっかけにもなったんですよ。”フリークス”の方達専用の雑誌や恋人募集とかについても書いてありましたが、今考えるとネットの普及でかなり彼らの文化も変化しているでしょうねえ。こっちの映画祭はロードショーにならないものばかりでここぞとばかりに疲れても鞭打って見に行き続けることはザラです(日本はその点ロードショーになる外国映画が多いようです)。映画祭はもう一生に2度と見れないようなのとかやってますからダメモトで試しに行ってみて下さい。良いのに当たったらラッキー、って感じですがハズレでも文句記事書けるし?色々と考えること増えるし(例:石井苗子のやらしさをもっと表現できるカメラワークについて考えた自分)。いつか行ったらレポートしてみて下さいね^^

投稿: flowfree | 2005/09/23 13:57

nicoさん。”先生からして平気で人権を無視した言動”というのその通りだと思いました。人権という意味をあまり習った気がしなくて、大人になって同性愛やフェミニズム、差別など勉強していって、全ては人権という意味で繋がってるんだ、とわかったんです。義務教育で他国や自国の人々との違いや特権などを押さえた歴史をしっかり学んでいればもっと人権の意味を考えられる機会が出ると思いました。なんか簡単に、”こういうことはやっちゃだめです”などはあるけどどうしてだめか、などと話し合う場というのがタブー化されてる気がします。自分の年代にもそれほどなかったけど若い連中の話し合いができないときのキレ方を思うと真剣に話し合う場を考えないと、と思います。あ、話逸れたかナ・・・^^;

投稿: flowfree | 2005/09/23 13:43

huimuseumさん。ちゃっす返し!流してたら観る人いますよね。NHKとはやってもいいと思うんだけども。

投稿: flowfree | 2005/09/23 13:31

seaさん。そうですよね、韓国はアクティビズムもスゴイし、歴史の違いを感じます。記事に政府のリンク付けました。韓国語か英語になってしまいますがよろしかったらどうぞ。

人権の言葉の意味が理解できない、というのもわかるような気がします。地域によって同和教育に力の入っている広島などは違うようですが自分の義務教育では人権という言葉の意味を事柄と一緒に学ぶ機会があったのか・・・、記憶にないだけなのかもしれませんが。しっかり意味を教えるべきだと思います。社会、歴史などの時間にでも。

投稿: flowfree | 2005/09/23 13:30

アニメの色使いて、その国の雰囲気や国民性を反映するって聞いたことがあるけど(東欧圏のはすごく暗い)、韓国のアニメは明るい色使いですね。
絵で選ぶなら「the flesh and bone」が好きだけど、題材的には「Day Dream」が観たいな。不謹慎だとは承知しながらも、フリークスマニアなんです。なぜと聞かれても困るけど、すごく興味が湧いて来る。
日本でこういう映画を観ようと思っても、細々と公民館とかで上映されてたりして目に触れる機会が少ないんでしょうね。
映画祭って興味なかったんだけど、こういうロードショーにならない作品が見られるのがあったら行ってみたいなぁ。

投稿: umepochisky | 2005/09/22 16:34

↑そういえば、親戚の小学生が夏休みの宿題に市から「人権に関する作文」とか「人権に関するポスター」が出されるんですが、その言葉の意味を理解出来ないんです。言葉だけが一人歩きしているようで、実感が無いんですね。これもおかしな話です・

投稿: sea1900 | 2005/09/21 23:58

「人権」っていう言葉を振り回し過ぎることには抵抗があるけれど、よく考えたら日本って「人権」に対する教育がぜんぜんなされてませんね。先生からして平気で人権を無視した言動するのは、そういう理由なのでしょう。おなじように「幸福」に関する教育も即物的過ぎるか「ファンタジー」化されちゃってるかのどちらかですよね。
「訓育」の流れの「道徳教育」みたいな押しつけじゃなくて、そういう人間教育というか「存在教育」みたいなことをしなければいけないのかな。ちょっと横に逸れましたけど、そんなことを考えました。
このアニメ機会があったら見てみたいですね。

投稿: nico | 2005/09/21 23:12

ちゃっす!
へえ〜、こんなアニメこそTVで放送したらいいのになー。
日本。

投稿: huimuseum | 2005/09/21 22:25

これらの作品は韓国の歴史とも関係在ると思います。
韓国は国費を使って、国の税金を使ってやってるのだから規模が違う。
役人がこれらの仕事をしてるのだから。

これは初耳でした。

投稿: sea1900 | 2005/09/21 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメと人権:

« 熟女のエロティシズム・・・ なのかもしれないが。 | トップページ | ポルノとフェミニズム その1 »