« 興味のある候補者います | トップページ | 香港クイア映画が熱い »

ゲイの老人ホーム

一昨日日本から戻ってきた友人からの報告。
::: メゾン・ド・ヒミコ :::という映画が日本で8月27日頃から始まっていて
見る価値ある、と。
若者主役たちとゲイの老人ホームにいる家族のお話だとか。

その友人はクイアで映画を作っている人。
だからか演技や映画の批評がきびすい〜・・・

一応メインは:柴咲コウ、オダギリ・ジョー
*後者は日本のゲイ男性に人気あるようで

しかしその映画を作る友人の高い評価は
ベテラン揃いの老人ホームのゲイ男性を演じた方たちに^^

特に舞踏家出身の男性

Min Tanaka

田中泯


舞踏家だ、っていうからもしかして、アレ、アソコの舞踏では・・・
と思ったら、やっぱり。
この映画のHPに
”師である土方巽の洞察を継承”
とあった。
キターーーー!!
(なぜか2ちゃんねる ノリ。。。でも絵文字使えん)

土方巽氏、といえば筆者の石井輝男監督の記事
載せたこの彼(と、同じ舞踏グループの仲間達)です。
60・70年代頃、舞踏を通じてポリティクスを伝えていた方。
彼らの影響はすさまじく、各国で彼らを手本に
グループを始めた方たちは数知れず。

色々と賞も取っているようですが映画の作品に
出ているのはここ数年なのかな。

筆者はもちろんこの映画見てませんが
土方氏を仰いでいる、と聞いて、すべて見てみたくなりました。

この映画では、老人ホームにいるほかのゲイ役の方たちも
なかなか興味深いようです。
観る機会のある方、もし機会があったら上の田中さんのサイトに行って
彼の活動の背景を見てみてください。
映画を観ながらも深さを感じられるのではないかな。

ああ、早くみたい・・・今月映画祭に行く予定があるので観れたらイイなあ。
正直、かなりの衝撃を感じてしまい田中泯信者になってしまいそう・・・ 

|

« 興味のある候補者います | トップページ | 香港クイア映画が熱い »

映画:クイア/同性愛」カテゴリの記事

コメント

10-20 9:37鍵さん。オフの集まり、楽しそう。言ってくれたサイト行ってみましたがその分類のお話見つけられませんでした・・・
服の話、それだけ鍵さんが熱意を持てるものだったし何か繋がりがあるのかもしれませんね。自分は全く参加できないので残念ですよん。

投稿: flowfree | 2005/10/20 13:16

akaboshiさん、なんと偶然!!今、大野一雄氏についての映画を観て帰ってきたところです!彼は土方巽氏と一緒に舞踊(ぶよう)を追い出され舞踏(ぶとう)を立ち上げた人物。ドイツの監督が作った英語の映画です。鳥肌立ちます。2,3日中に記事書くつもりです。

でも元藤あき子さんの教えを受けたとは!凄いなあ。教わった身体言語、見てみたいです。田中泯氏の映画の中の存在感、すごそうですね。是非見たいです。

投稿: flowfree | 2005/10/10 16:38

舞踏と言えば土方巽氏。
その奥さんの元藤あき子さん(故人)もすごい人で、
ワークショップを受けたことがあるのですが、
ちょっと動いて見せるだけで鳥肌が立つくらいの空気を発する人でした。
舞踏家・舞踊家の「身体言語」はすごいです。
この映画でも、田中泯氏は身体全体で存在を語っていました。
・・・映像にそれを定着させることが出来るとは、スゴイと思います。

投稿: akaboshi07 | 2005/10/10 12:06

sea1900さん、初めまして。どこかでお名前見かけたような・・・  でもは、恥ずかすうい〜っ、読んで下さってるんですね。有難うございます。テーマがあるようなないような、ですが、是非、ご意見・ご感想をお時間のあるときにお聞かせ下さい^^

しかし!田中さんの踊り、観てたとはっ!!教えてくれて有難うございます!!一人海の向こう(ってsea1900も海外かな)で大興奮でございます!舞踏は興味あるんでしょうか。私は海外で観られるのだけなら観てますがまだまだ勉強足りないです。これからは田中氏のもの、色々と観ていく予定満載です。これからもよろしく、です^^

投稿: flowfree | 2005/09/07 17:18

日本の大統領様。ご存知でしたか。美女のお話しチェックしてるのはさすが!^^ 公務で行けませんかね^^; なんかオダギリ君の演技、凄く良い・悪いって別れるようですよ(ワンパターンとか、はまり役ならいい、とか)。でもどこかの批評は彼の演技を褒め称えていました。私は田中さんを観られればいいんですがねー。もし観られたらご感想お聞かせ下さいマセ!

投稿: flowfree | 2005/09/07 17:10

初めまして、flowfreeさんの分厚いブログを少しずつ、読ませていただいています。
田中みんさんの踊りを、前にNHKで特集して放送しました。
気迫、気、集中力、と素晴らしい表現力でそのものになりきり、
他者を寄せ付けない程の殺気さえ感じる魅力にただ、ただ、
圧倒されました。
すばらしいです!

投稿: sea1900 | 2005/09/07 16:51

柴咲コウ主演でしたよね・・・たしか。
メヂカラ美女が好きなんで、気にはなってました(笑)←相変わらず
オダギリ君、個性派ですよね〜。オモロイキャラ。
ちょっと気になる映画っす。

投稿: huimuseum | 2005/09/07 16:39

おっと、nicoさん、お早いレス!トラバどうもです^^
私も知らなかったんですよ。芸能ニュースチェックしててもきっと
トピックのゲイの老人ホーム、っていうの抜かしてるんでしょうねえーー;
nicoさん映画観る機会あったらぜひ感想聞かせて下さい。

投稿: flowfree | 2005/09/03 18:48

全然知りませんでした。こんな映画が封切られたなんて。
見たいですねえ、ほんと。
トラバしました!

投稿: nico | 2005/09/03 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲイの老人ホーム:

» メゾン・ド・ヒミコ [digital ink ..]
ゲイの老人ホーム リンクしているflowfreeさんのブログ 「大学の真相 海外で考える」で、この映画が紹介されて とびつくようにウェブサイトに行きました。 あー、見たい見たい見たい。この映画ものすごく見たいです。 てーったって、仕事放り出して日本に行くわけには行かないし。 ちぇっ。です。 日本にいるみなさま、代わりに見て下さーい。 「Hades」を書いたからではなくて ゲイとしての老後については、よく考えます。 まあ、老後の問題にゲイもストレートも、ないとは思いますけ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/03 18:02

» メゾン・ド・ヒミコ [Rohi-ta_site..]
映画館で、オダギリジョー、柴咲コウ、田中 泯 出演、犬童一心 監督作品「メゾン・ド・ヒミコ」を観ました。 ●ストーリー 塗装会社に勤める吉田沙織(柴咲コウ)は、亡くなった母の医療費を親戚に借り、借金を抱え、風俗への転職を真剣に考えていた。 そんなある雨の日、沙織が勤める会社に、岸本春彦(オダギリジョー)と名乗る、若くて美しい男がやって来る。彼は、沙織が幼い頃に出て行った父親・吉田照雄(田中 泯)の恋人だった。 春彦は、父の照雄が癌を患い、余命が残り少ない事を沙織に告げ、照雄が...... [続きを読む]

受信: 2005/09/14 13:56

» メゾン・ド・ヒミコで未知との遭遇008●卑弥呼の人生 [フツーに生きてるGAYの日常]
沙織との対面シーンに行く前に、さらに寄り道して父親・卑弥呼(田中泯)の人生について考えてみたくなりました。 この映画の中では、卑弥呼の過去についてはあまり説明がありません。 その分、限られた情報の中から観客自身が卑弥呼の人物像を組み立てることになります。そこがまた、あのキャラクターのミステリアスな部分を拡大させ、人を惹き付ける秘密にもなっているようです。 彼についての情報は、冒頭のナレーションに多く含まれています。オフィシャル・ブックのシナリオから引用しながら、考えてみようと思います。 ナレー...... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 12:00

» 『メゾン・ド・ヒミコ』ーーほんもののなにかに出あえる映画 [le monde lun..]
10日、三たび『メゾン・ド・ヒミコ』をみた。 それにしてもなんと美しい映画なのだろう。8月に初めてこの映画をみて以来、毎日のようにこの映画のことを反芻しているのに、『メゾン・ド・ヒミコ』はやはり新鮮だった。そしてなにより、とても美しかった。映画をみおわったあ... [続きを読む]

受信: 2005/10/16 13:08

» 「メゾン・ド・ヒミコ」とトークショー [海の上のピアニスト]
昨晩は、澁谷で「メゾン・ド・ヒミコ」と、その後の犬堂監督と、ヒミコ役の 田中ミン氏によるトークショーを見た。 映画は2度目なので、ストーリーは解っていたので、少しは落ち着いて 見る事が出来た。そして、新しい発見も多かった。 まず、沙織が「メゾン・ド・ヒミコ」のドアを開けた時は、父親がどんな人 なのかを、<見たい>という気持が、怖い物見たさのように、沙織の気 持には在ったのだと思う。 この辺は、肉親同士の、眼に見えない情かもしれない。 例え、妻子を捨てて去った父でも、沙織は<会いたい...... [続きを読む]

受信: 2005/10/20 01:58

« 興味のある候補者います | トップページ | 香港クイア映画が熱い »