« スキン変えすぎでスイマセン。。。 | トップページ | AVみんなで鑑賞: 西欧キリスト文化よりも日本カルト教文化? »

ダンスとお祈り

ジャネット・ジャクソンやブリトニー・スピアーズそして現在はノー・ダウトのグウェンのプロモ・ビデオに出演してワールド・ツアーにも参加するという仲宗根梨乃(rino)
はスゴイ。カッコイイ。尊敬する。感心する。ここまで成功するには色々あったと思う。7月9日に沖縄のラジオに出てたらしいのでまだ日本にいるのかも。

彼女のことは日本のメディアで扱っているのだろうか。自分のダンス・スクールのようなものも日本(沖縄だけ?)にあるらしいし、日本のダンサーの間では知らない人はいないと思うが、それ以外での露出はどうなのだろう。こんなにアメリカ、いや世界のメディア/エンターテイニングの世界で成功している日本からの人間は女性も男性も入れてこのリノさんだけじゃないだろうか。もっと色々な場所で話をして欲しい。話聞きたいし踊り観たい!

筆者は実は小学校の2年頃からあるダンス・クラブに所属して70年代洋楽をバックに踊りまくってた。5,6年でやめたんだけどもそれまで毎週近所でレッスンに行き、週末は本部のある渋谷に遠征、という日々を過ごして。今でも覚えているダンスもあるし、こっちの人が知らないような音楽も知ってたり。それでたまには日本の芸能人の後ろで踊らされたり。自慢(?)できるのはピンクレディーの解散コンサートで踊ったということくらいか。キョウダイは西城秀樹と踊ってた。

でも大人になってわかったことは実はそのダンス・クラブ、ある関西のある宗教がやっていたということ。子供すぎて、バレバレな名前もそれが宗教とはわからなかったし。年をとるにつれて、大会にでる子達がなぜかお守りを買い始め、それを触ってお祈りしてたのをみて”自分もお守り欲しいなあ”と思ったもの。覚えてるのは5千円くらいで、母親が買ってくれないなら自分のお小遣いで、と思ったりもした。それも許されなかったんだけど。

でもよくよく考えれば毎回のレッスンの始めと終わりにお祈りしてたんですよね、思いっきり。みんなで順番にやってたし。でもそれは儀式になってたんで全くなんだかわからなかった。いつもお祈りする言葉もあの頃は覚えてたけど今は一部だけわかるっていう。意味がわかってなかった証拠のような。(ちなみに筆者は無宗教。今まで散々新宗教の事書いておきながら自分も一時間接的に参加してたのよね。でもこんな事実忘れる程ほんとな〜んにも知らないのよ、その宗教のこと)

面白かったのが学部生の時の教授が実は始め日本の宗教を研究に選び、この宗教関係の幼稚園で働いたり、教祖をインタビューしたらしい。しかしこの宗教は新宗教のわりに珍しくright wingではなく(その時筆者は知らなかった)仲良くなり、お世話になったのに対して、研究も告白本ぽくなりのは気が引けて、数年間の研究資料全部ボツにしたらしい。それを恩返しにしたんだと。この教授を筆者は尊敬してるのだが、でも読んで見たかった!

ところでダンスの上手な日本からの方、ってたくさんいるんだとは思いますが先日オープンしたばっかりの武富士ダンサー・サイトで大勢のダンサー、一人一人のプロフィールやダンスなど観れてその感想。正直言って、おお!と思ったのは2,3人。後は顔で選んでるのかな、なんて思ったり。別に素人さんがダンサーになってはいけないことはないが見てて思った。筆者もあんなに小さい頃からダンスやってたのに実際、こちらで踊りにいってもすんごーく下手なんです。周りの真似はできても自然に楽しむ、ってのがなかなか。武富士ダンサーもそうだけど日本でのダンスで楽しい顔しながらしてる人ってなかなか見ない気がする。ふざけて踊る以外は顔がまじめになって踊る。文化の違いなのかな。その点こっちの人たちは楽しんでるんですよね。表情が違う。スペインに行った時もダンスの楽しみ方が違うと思った。表情も動きもまわりがパーッて明るくなる。

自分がダンスクラブの遠征で関東支部のみんなと凄い人数で踊ったときもあったがみんな間違えちゃいけない、とかあってか真剣だったなあ。宗教とダンスが一緒になってても明るい顔で踊れてないなんてねえ。やっぱり信念入ってないからか?

リノさん、上の初めのリンクで話しているのが日本から来たら誰もがやらないといけない厄介なビザ問題。9・11後、どんなビザでも下りにくいアメリカで、ブリトニーとの仕事関連から推薦状をもらっても認められなかったらしい。それで弁護士を雇い、ジャネット・ジャクソンとの仕事が入った事でやっとビザが下りたらしい。ここの真ん中辺からRino Nakasone のダンスが観れます。

ちなみに上の写真で一緒に写ってるアメリカの田舎からでてきたスーパー・アイドル、ブリトニーは戦争支持派として有名なのはご存知でしょうか。以前からずっと公に共和党への支持とBush大統領への尊敬を示しています。戦争のことを聞かれればいつも変わらず、Bush支持に誇りを持っている、と発言。
(余談ですが、日本にいるお笑いコンビ、パックン・マックンのハーヴァード大を出たというアメリカン人のパックン。5月10日放送のよりによってテレビ朝日で母親と日本の番組に出演したときに母親がなんども”私は共和党支持者だ”と発言し、"息子にはブッシュ大統領の娘と結婚してもらいたいわ”などと誇らしげに発言。まあ、ハーヴァード大に行っている人は結局そういう方たちで集まっているんですけどもここまで堂々と日本のテレビで言うのも凄いなあと驚きと感心。パックンは戸惑っていたけども、さて彼はどうなんだろう)

リノさんについての記事以下参照。

http://yanagitaku.ti-da.net/

http://64.233.179.104/search?q=cache:F43LxcAEsOsJ:www.okinawatimes.co.jp/day/200412231300.html+%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%80%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%80%80%E6%B2%96%E7%B8%84&hl=ja&client=firefox-a
<2004年12月23日 朝刊 26面>

ブリトニーのツアー参加/県出身ダンサー・仲宗根梨乃さん

 「自分がやりたいことをやりとおしているだけ」。米国で活動している県出身のヒップホップダンサー、仲宗根梨乃さん(25)は、今年行われた米国人気歌手ブリトニー・スピアーズの世界ツアーにバックダンサー八人の中の一人として参加した。現在は、実力派バンド、ノーダウトのボーカル、グウェン・ステファニーとともに精力的に活動中。ウチナーンチュとしての誇りを胸に「これからはダンスだけではなく、歌など活動の幅を広げたい」と夢を膨らませている。

 仲宗根さんは、那覇商業高校卒業後、単身渡米。カリフォルニア州の語学学校で学んだ後、ダンスを続ける傍ら、サンタモニカ市立大を卒業した。

 今回、ブリトニーのバックダンサーのオーディションは国内外から多くのダンサーが集まり難関だったが見事その座を射止めた。

 クリスマス休暇を利用し一時帰沖した仲宗根さんは、今回の世界ツアーで、北米、ヨーロッパの国々を中心に三カ月の長丁場を経験したが、「楽しかった」とあっけらかんとした様子。

 幼いころから、あこがれていたマイケル、ジャネット・ジャクソンの歌やダンスをまねて「絶対にあんなアーティストになる」と心に決めていたという。

 今後は「歌手、一人のアーティストとして準備をしたい」と仲宗根さん。「何があっても自分がどこからきたのかは忘れないこと。ルーツを忘れずに、自分と常に向き合いながら前に進みたい」と話した。

|

« スキン変えすぎでスイマセン。。。 | トップページ | AVみんなで鑑賞: 西欧キリスト文化よりも日本カルト教文化? »

女性」カテゴリの記事

コメント

TBさせていただきます。実は昨日、flowfree
さんを思い出しました。

投稿: sea1900 | 2005/10/03 01:48

callaさん。インストラクターなんて楽しい資格もってるんですねえ。
どういった種類のダンスなんでしょうか。興味ありますワ。
そうですね、終了後に無事に終わらせる事ができて、とか楽しく過ごせて、とかそういったお礼だと思います。感謝心を持ってスポーツなどするのもある意味大切ですね。

ほんと、誰かに支えられて物事は動くっていうのを学ぶのにスポーツはいいですねえ。そんな意味を大人になってから気がつくことが多くて。その当時は自分勝手に過ごしていた気も(笑)学校の部活動では結構輪を気にしたり上下もあったけど学校の外だともっと自由なイメージがあります。それでスポーツも未だにスポ根で強引な教官もいるし、へんな上下関係もあったりするから質を見て選んだほうがいいですよね。

投稿: flowfree | 2005/07/15 15:44

2005-07-14-21:06 鍵コメ様
先ほど色々書いたのにこの部分入れるの忘れました・・・ご自身の専門地域などの興味の背景を聞きたかったんです。でもヘップバーン、良い趣味してますねえ^^。
80年代西欧・米国文化のご趣味にも興味あります。自分は洋楽が主でした。もちろん、白人を上にみてたし・・・しょうがないですね、コロニアリズムの影響です。でも大学で方角が変わったのはどういった影響でしょうか。言葉も学ぶの大変でしょう。
いつか機会があるときにお聞かせ下さい。

投稿: flowfree | 2005/07/15 15:33

鍵コメ様。メール受信できるように設定しましたので(そうじゃないとスパムやウイルスメールばっかりで・笑)気が向いた時にどうぞ送ってみてください。後に色々と書きますが、英語で表現されたモノ、真剣な志が感じられます。自分はそっちの文化には勉強不足ですし、その思考過程に興味あります!

投稿: flowfree | 2005/07/15 03:30

ダンスに食いついた一人です(笑)
実は、私ダンスのインストラクターの資格持っていまして…。
本職ではないし(あくまでも趣味)ちょいポチャなのでブログではカミングアウトしてません。…でした(笑)
でも、練習や本番などで前後には祈るってことはよく理解できます。
信仰していない人が何かの本番(試合など)前に神に祈るのは
「勝ちますように。成功しますように」だと思うのですが、信仰者は「無事に終わりますように」です。そして、以前も書きましたが大事なのはお願いしたことが終了したとき。必ず「無事に終わらせてもらってありがとうございます」この感謝があるのでしょうね。
信仰している人としていない人の違いの一つとして「生きている」か「生かされているか」もあると思います。
何事も自分ひとりの力じゃないと思ってコトを学ぶには、スポーツなどが一番手ごろで、若い頃からうえつけることが出来(語弊あるかな)るのではないかなとも思います。

投稿: calla_77 | 2005/07/14 23:29

toyamajinさん、足跡残してくれて有難う。うれしいお言葉、励みになります!ダンスしますか?自分も踊ってるのみたいですよー(笑)

リノさん、やっぱりメディア出てないのかな。というかお声かかってないんですかね。おかしいなあ。こんなスーパースターいないよねえ。夜中に日本はヒップホップダンスの番組がいくつかあるし、そこではどうなのかなあ。やっぱりジェンダーの問題なのかしら。

また良かったらお寄り下さい!

投稿: flowfree | 2005/07/14 17:01

huimuseumさん、そのイメージ、いいですねえ〜^^。やっぱり硬いテーマ選んじゃったしムリないですよ。多分このダンスの影響ですね、若い頃は西欧中心主義にどっぷりはまり、小6の卒業文集で海外進出、って書いてるし。でもこんなんになってしまうとは思ってなかった・・・そちらはどうだったんでしょうか。中国文化とか以前から興味あったんでしょうか。ちょっと好奇心です!

もう自慢は時効だと思ってたんですけども(笑)みなさん、優しいナ。

教団とダンス、面白いっすよねえ。ココはビジネスよりもスポーツに力を入れてる教団らしいです。渋谷の本部はその宗教の東京本部だったんですよ。甲子園なんかで有名なトコなので、丁度人気になってたK投手がお祈りしてるの何度か見ましたよ〜(貴重?)

投稿: flowfree | 2005/07/14 16:53

続き: 新宗教の馴染み方、というかトレンドの読み?は凄いですよねえ。そいえば仲間のダンスの難しい振り付けを成功するよう応援する時、みんなで”ooooo!"ってお祈りの言葉を叫ぶんですよ。”気持ちを入れて叫べば成功するから”とかって。なんかマンガとか占いのようなノリで。ビジネスだったら”これ、たくさん売れて!”とかみんなで色々と祈れるし(笑)ダンスの人達は後にミュージカルで有名になった人もいるし。あと甲子園での有名教団二つはマーチングバンドなども有名だから音楽家もいると思います。

投稿: flowfree | 2005/07/14 16:53

umepochiskyさん、観てくれたのねー。あれはフリースタイルだけどツタヤなどで借りられるブリトニー、ワールドツアーのライブでは激しくてセクシーな表情のとかたくさん観られます。

しかしピンクレディーで食いついてくれるんですねえ。ハハ。自己流ダンス、いいですね!楽しむのが一番!大人も踊りに行けるとこ、発見したら教えて下さいマセ。SFでたくさん行けますね、でも。

なるほど、宗教というと信仰が先に来ると思うことが多いでしょうねえ。信仰を広めてみんなが幸せになれる、っていう漠然とした考えの下ではビジネスが布教にしか見えないのかも。

宗教の進出は当人が知らないで関わってること多いですよ。これも生活の一部ってことかな。まあ機会があったら宗教検証を趣味にはどうでしょう(笑)

投稿: flowfree | 2005/07/14 16:02

はじめて書き込みます。いつもおもしろく書いておられるので、楽しみに寄らせてもらっています。ダンスも、すごいんですねえ。一度みてみたい!(踊ってみたいとは言わない、言えないけど・・) Rino は聞いたことなかったです。

投稿: toyamajin | 2005/07/14 03:17

ちゃっす!
 ダンス?・・・・意外(笑)。←失礼
 勝手なイメージですが、インドアー派の清楚な女性だと思い込んでおりやしたあ(笑)。図書館の閉館時間までずっと座ったはるよーな(これまた失礼)
 ピンクレディーのうしろでダンスって・・・凄すぎ!自慢できますで〜。
 それにしても、新興宗教の教団とダンス・・・・そんな事例、あるんですね〜。既成宗教の教団組織のなかにも近代化している事例があるようですが、新興宗教の方が急激な社会変動下でうまれたがゆえに、外部世界の変化に臨機応変に適応できるよーですねえ。

投稿: huimuseum | 2005/07/13 18:59

Rinoさんのダンス観ましたー。すごいかっこいい。でももっとすご〜いって思ったのは、ピンクレディーのバックで踊ったってこと。
ピンクレディーの振り付けなら、今でも踊れますぜ。あと、私も踊るの大好き。自己流だからへんてこりんだけど、本人は楽しんでます。ここ数年は、めっきり行く機会がなくなってたけど、これから大人でも楽しめるクラブを発掘してみたいです!
それから、宗教って、本当にいろんなことに進出するんですね。病院ぐらいだったら、弱者救済ってことかなぁと思えるけど、先日の話の日本食品店もしかり、宗教以外のことをするのは、資金稼ぎと人集めのためなんでしょうか?宗教が儲かるのはわかるけど、ちょっと淋しいですね。最後の最後にすがりたいものがビジネス化されているのは。

投稿: umepochisky | 2005/07/12 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンスとお祈り:

» 何気なくフルート [海の上のピアニスト]
昨日は、地元の中学生の吹奏楽際があり、 私は、チューバの音が聞きたくて出かけた。 はっきり言って、チューバチュードク! 指揮の女の先生が、とても動きが良くて、 全身で踊っているような感じで、音楽は「歌うんだ!」と 教えてくれていた。 心から、歌うってこういう事なんだ! 「ハウルの動く城」では、一瞬、チューバの音!!と思ったら、 チューバよりも少し高い音のユンホニウムだったので、がっかり! 「ここにしか咲かない花」 これはドラマ「瑠璃の島」の主題歌として大ヒッ...... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 01:46

» フルート [海の上のピアニスト]
flowfreeさんに、ご紹介です。 <フルート>で、ググってみると、出てきました。 私ぼブログはがんばり過ぎない物なので、 写真の約、半分はググっている物です。 がんばり過ぎないんではなくて、がんばれないというのが、 現状ですけれどね(と・ほ・ほ・・・・・カクッ!) コピーしましたので、読んでください。 フルート伝説 インディアンフルートはいくつもの部族の間に受け継がれていましたが、それぞれの部族にフルートの起源に関する独自の伝説があります。これはラコタ族...... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 14:13

« スキン変えすぎでスイマセン。。。 | トップページ | AVみんなで鑑賞: 西欧キリスト文化よりも日本カルト教文化? »